ニュース

「映画の中のロック」を考察するコラム集『聴くシネマ×観るロック』、宇多丸も推薦

映画の中に流れるロックをテーマにしたコラム集『聴くシネマ×観るロック』が、3月9日に刊行される。

同書は、音楽雑誌『CROSSBEAT』で連載中の人気コラム『シネマ酒オン・ザ・ロック』を大幅に加筆して書籍化したもの。収録コラムは全55本、レビューは300本以上掲載されており、映画でその楽曲が使用された理由や背景などが細かな注釈も添えて考察されている。著者は、共著書『文化系のためのヒップホップ入門』も好評な長谷川町蔵。

コラムで取り上げられている作品は、『スクール・オブ・ロック』に使用されたLed Zeppelin“移民の歌”、『俺たちフィギュアスケーター』に使用されたAerosmith“Miss A Thing”、『(500)日のサマー』に流れるThe Smiths“There Is a Light That Never Goes Out”、『インセプション』に使用されたエディット・ピアフ“水に流して”など、バラエティ溢れる内容だ。

同書について宇多丸(RHYMESTER)は、「『あの場面で流れるあの曲って、そういう意味だったんだ!』……目からウロコ落ちまくり。映画というものをポップ・カルチャー全体の文脈で捉え直してみせる、これは実に真っ当かつフレッシュな快著!」とコメントを寄せている。

『聴くシネマ×観るロック』

2012年3月9日発売
著者:長谷川町蔵
価格:1,575円(税込)
発行:シンコーミュージック・エンタテイメント

amazonで購入する

(画像:長谷川町蔵『聴くシネマ×観るロック』表紙)

長谷川町蔵『聴くシネマ×観るロック』表紙
長谷川町蔵『聴くシネマ×観るロック』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催