ニュース

「映画の中のロック」を考察するコラム集『聴くシネマ×観るロック』、宇多丸も推薦

映画の中に流れるロックをテーマにしたコラム集『聴くシネマ×観るロック』が、3月9日に刊行される。

同書は、音楽雑誌『CROSSBEAT』で連載中の人気コラム『シネマ酒オン・ザ・ロック』を大幅に加筆して書籍化したもの。収録コラムは全55本、レビューは300本以上掲載されており、映画でその楽曲が使用された理由や背景などが細かな注釈も添えて考察されている。著者は、共著書『文化系のためのヒップホップ入門』も好評な長谷川町蔵。

コラムで取り上げられている作品は、『スクール・オブ・ロック』に使用されたLed Zeppelin“移民の歌”、『俺たちフィギュアスケーター』に使用されたAerosmith“Miss A Thing”、『(500)日のサマー』に流れるThe Smiths“There Is a Light That Never Goes Out”、『インセプション』に使用されたエディット・ピアフ“水に流して”など、バラエティ溢れる内容だ。

同書について宇多丸(RHYMESTER)は、「『あの場面で流れるあの曲って、そういう意味だったんだ!』……目からウロコ落ちまくり。映画というものをポップ・カルチャー全体の文脈で捉え直してみせる、これは実に真っ当かつフレッシュな快著!」とコメントを寄せている。

『聴くシネマ×観るロック』

2012年3月9日発売
著者:長谷川町蔵
価格:1,575円(税込)
発行:シンコーミュージック・エンタテイメント

amazonで購入する

(画像:長谷川町蔵『聴くシネマ×観るロック』表紙)

長谷川町蔵『聴くシネマ×観るロック』表紙
長谷川町蔵『聴くシネマ×観るロック』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 1

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  2. BiSHの熱気に、世間や会場キャパがようやく追いついてきた 2

    BiSHの熱気に、世間や会場キャパがようやく追いついてきた

  3. シム・ウンギョン×松坂桃李W主演『新聞記者』 権力に対峙する記者描く 3

    シム・ウンギョン×松坂桃李W主演『新聞記者』 権力に対峙する記者描く

  4. 神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』主題歌はONE OK ROCK、新予告も 4

    神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』主題歌はONE OK ROCK、新予告も

  5. MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知が雨中でパフォーマンス“Rain Dance”PV公開 5

    MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知が雨中でパフォーマンス“Rain Dance”PV公開

  6. 星野源の新AL特典映像『ニセ明と、仲間たち』に宮野真守&ハマ・オカモト 6

    星野源の新AL特典映像『ニセ明と、仲間たち』に宮野真守&ハマ・オカモト

  7. 深川麻衣×今泉力哉 お互いの「初恋」や「初挑戦」を語り合う 7

    深川麻衣×今泉力哉 お互いの「初恋」や「初挑戦」を語り合う

  8. 映画『惡の華』春日役に伊藤健太郎、仲村役に玉城ティナ 飯豊まりえも出演 8

    映画『惡の華』春日役に伊藤健太郎、仲村役に玉城ティナ 飯豊まりえも出演

  9. IZ*ONEが『FNS歌謡祭』で初歌唱 宮脇咲良ら擁する日韓合同グループ 9

    IZ*ONEが『FNS歌謡祭』で初歌唱 宮脇咲良ら擁する日韓合同グループ

  10. アカデミー映画博物館が2019年開館 宮崎駿の大規模展やチームラボの展示 10

    アカデミー映画博物館が2019年開館 宮崎駿の大規模展やチームラボの展示