ニュース

「映画の中のロック」を考察するコラム集『聴くシネマ×観るロック』、宇多丸も推薦

映画の中に流れるロックをテーマにしたコラム集『聴くシネマ×観るロック』が、3月9日に刊行される。

同書は、音楽雑誌『CROSSBEAT』で連載中の人気コラム『シネマ酒オン・ザ・ロック』を大幅に加筆して書籍化したもの。収録コラムは全55本、レビューは300本以上掲載されており、映画でその楽曲が使用された理由や背景などが細かな注釈も添えて考察されている。著者は、共著書『文化系のためのヒップホップ入門』も好評な長谷川町蔵。

コラムで取り上げられている作品は、『スクール・オブ・ロック』に使用されたLed Zeppelin“移民の歌”、『俺たちフィギュアスケーター』に使用されたAerosmith“Miss A Thing”、『(500)日のサマー』に流れるThe Smiths“There Is a Light That Never Goes Out”、『インセプション』に使用されたエディット・ピアフ“水に流して”など、バラエティ溢れる内容だ。

同書について宇多丸(RHYMESTER)は、「『あの場面で流れるあの曲って、そういう意味だったんだ!』……目からウロコ落ちまくり。映画というものをポップ・カルチャー全体の文脈で捉え直してみせる、これは実に真っ当かつフレッシュな快著!」とコメントを寄せている。

『聴くシネマ×観るロック』

2012年3月9日発売
著者:長谷川町蔵
価格:1,575円(税込)
発行:シンコーミュージック・エンタテイメント

amazonで購入する

(画像:長谷川町蔵『聴くシネマ×観るロック』表紙)

長谷川町蔵『聴くシネマ×観るロック』表紙
長谷川町蔵『聴くシネマ×観るロック』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー