ニュース

震災1ヶ月前の穏やかで深刻な新宿を描く、演劇カンパニー「かもめマシーン」新作公演

演劇カンパニー「かもめマシーン」の新作公演『パブリックイメージリミテッド』が、4月4日から東京・下北沢の小劇場楽園で上演される。

かもめマシーンは、作・演出を手掛ける萩原雄太を中心に2007年から活動開始。昨年は1人の観客に対して1人芝居を行った『XTC』、分譲地を舞台に「何を持てるのか」ということを問いかけた『プライマルスクリーム』といった萩原作・演出による作品のほか、福島・双葉郡広野町の路上で上演されたベケットの『ゴドーを待ちながら』、オーストリアのノーベル賞作家エルフリーデ・イエリネクの戯曲『雲。家。』を上演するなど、精力的な活動を展開している。

新作『パブリックイメージリミテッド』は、2011年2月の新宿を描いた作品。同作について萩原は、「震災からちょうど一か月前、新宿では通り魔予告事件が起こりました。たくさんの人がリツイートをしていて、異様な気分になったことを覚えています。震災前ののどかさと、震災後も続く深刻さを、この日が象徴しているように思います」とコメントしている。チケットは現在発売中。

なお、同劇団は現在主宰者を募集中。演出家と主宰者を1人が兼任することへの疑問から公募を開始したという。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

『パブリックイメージリミテッド』

2012年4月4日(水)~4月8日(日)全8公演
会場:東京都 下北沢 小劇場楽園
作・演出:萩原雄太
出演:
清水穂奈美
井黒英明
林弥生(海ガメのゴサン)
横手慎太郎(シンクロ少女)
松原一郎
料金:前売2,000円 当日2,200円 脚本付き前売り券2,400円

(画像:『パブリックイメージリミテッド』チラシ)

『パブリックイメージリミテッド』チラシ
『パブリックイメージリミテッド』チラシ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今