ニュース

映像作家による芸術祭『MOVING 2012』、映像の可能性探る多彩なプログラムを用意

18人の新進映像作家による映像芸術祭『MOVING 2012』が、京都の京都芸術センターをはじめ烏丸通沿いの7会場で開催される。

同芸術祭は、映像表現の可能性を検証・追求することを目指して開催されるもの。展示プログラム『MOVING Exhibition』をはじめ、映画館での上映会『MOVING Theatre』、音楽と映像によるライブイベント『MOVING Live』、映像をテーマにしたトークイベント『MOVING Talk』の4つのプログラムを柱として構成される。また、参加作家の中から10 組の映像作品を収録したMOVING 2012 オリジナルオムニバスDVD『MOVING vol.1』の制作・販売も行う予定。

参加作家は、『MOVING 2012』の実行委員でもある林勇気、宮永亮、水野勝規の3人をはじめ、京都を拠点に活動しているAntenna、かなもりゆうこ、村川拓也、八木良太、Otograph。さらに平川祐樹、小山泰介、松本力、トーチカ、辻直之、田村友一郎、土屋貴史、伊瀬聖子、石田尚志、山口崇司らを招く。また、『MOVING Live』への参加ミュージシャンとしてPsysEx、シグナレス、Merzbowも登場。音楽と映像のコラボレーションライブを披露する。

各プログラムへの参加作家やスケジュールなどの詳細は、オフィシャルサイトで確認しよう。

『MOVING 2012』

2012年4月20日(金)~5月13日(日)

『MOVING Exhibition』

『Exhibition1 松本力』
2012年4月20日(金)~4月30日(月・祝)
会場:京都府 京都芸術センター ギャラリー北
時間:10:00~20:00
休館日:会期中無休
料金:無料

『Exhibition2 トーチカ』
2012年4月20日(金)~4月30日(月・祝)
会場:京都府 京都芸術センター ギャラリー南
時間:10:00~20:00
休館日:会期中無休
料金:無料

『Exhibition3 小山泰介』
2012年5月3日(木・祝)~5月13日(日)
会場:京都府 京都芸術センター ギャラリー北
時間:10:00~20:00
休館日:会期中無休
料金:無料

『Exhibition4 平川祐樹』
2012年5月3日(木・祝)~5月13日(日)
会場:京都府 京都芸術センター ギャラリー南
時間:10:00~20:00
休館日:会期中無休
料金:無料

『Exhibition5 かなもりゆうこ』
2012年4月20日(金)~5月13日(日)
会場:京都府 京都 第五長谷ビルB1店舗跡スペース
時間:11:00~20:00
料金:無料

『Exhibition6 水野勝規』
2012年4月20日(金)~5月13日(日)
会場:京都府 京都 Division
時間:13:00~20:00(日曜、祝日は18:00まで、ただし4月27~29日は20:00まで)
休館日:月、火曜
料金:無料

『Exhibition7 林勇気』
2012年4月20日(金)~5月13日(日)
会場:京都府 Social Kitchen
時間:13:00~21:00
休館日:月、火曜
料金:無料

『ギャラリー・ツアー』
2012年4月21日(土)15:00~
集合場所:京都府 京都芸術センター ギャラリー南
参加作家:
トーチカ
松本力
かなもりゆうこ

2012年5月3日(木・祝)14:00~
集合場所:京都府 Social Kitchen
参加作家:
林勇気
水野勝規
平川祐樹
小山泰介

『MOVING Theatre』
2012年5月3日(木)~5月5日(土)
会場:京都府 京都シネマ
参加作家:
Antenna
石田尚志
伊瀬聖子
田村友一郎
辻直之
土屋貴史
トーチカ
平川祐樹
八木良太
村川拓也
料金: 1,500円(当日・前売)

『MOVING Live』
2012年4 月22日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:京都府 METRO
出演:
Otograph
宮永亮×PsysEx
土屋貴史×シグナレス
山口崇司×Merzbow
料金:前売2,500円 当日2,800円(ドリンク別)

『MOVING Talk』
2012年5月13日(日) 17:30~(開場17:00)
会場:京都府 京都芸術センター ミーティングルーム2
第1部出演:
石橋義正(キュピキュピ、映画監督)
江村耕市(キュピキュピ、ビジュアルアーティスト)
第2部出演:
澤隆志(キュレーター、映像作家)
長谷川仁美(ミアカビデオアーカイブ代表、キュレーター)
司会:中本真生(MOVINGディレクター、&ART編集長、株式会社フィールド、美術作家)
定員:50名
料金:一般1,000円 学生800円(当日・前売)
※学生料金でご入場の際は学生証の提示が必要

(画像上から:『MOVING 2012』イメージ写真 photo by OMOTE Nobutada、松本力「終わりを照らすもの 1」 Take Ninagawa(東京) 2010 Photo by Kei Okano、トーチカ (C)TOCHKA、かなもりゆうこ「Alphabet of Acanthus」 2011年、林勇気「The layers of everything」 2011)

『MOVING 2012』イメージ写真 photo by OMOTE Nobutada
『MOVING 2012』イメージ写真 photo by OMOTE Nobutada
松本力「終わりを照らすもの 1」 Take Ninagawa(東京) 2010 Photo by Kei Okano
松本力「終わりを照らすもの 1」 Take Ninagawa(東京) 2010 Photo by Kei Okano
トーチカ (C)TOCHKA
トーチカ (C)TOCHKA
かなもりゆうこ「Alphabet of Acanthus」 2011年
かなもりゆうこ「Alphabet of Acanthus」 2011年
林勇気「The layers of everything」 2011
林勇気「The layers of everything」 2011
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開