ニュース

布の記憶を紡ぐアートプロジェクトが資生堂ギャラリーで展開、参加者を募集中

現代美術作家リー・ミンウェイの個展が、8月28日から東京・銀座の資生堂ギャラリーで開催。同展で実施される参加型プロジェクト『Fabric of Memory』の参加者を募集している。

ミンウェイは、台湾出身でアメリカ在住のアーティスト。テキスタイルアートと彫刻を学び、これまでにニューヨークのホイットニー美術館、ニューヨーク近代美術館などで個展を開催したほか、『第5回アジア・パシフィック・トリエンナーレ』『第50回ベネチア・ビエンナーレ』などに出展するなど、国際的に活躍している作家だ。

同プロジェクトでは、手作りの布製品とそれにまつわる思い出を綴ったテキストを募集。作家の選考を経た後に選ばれた布製品は、ミンウェイが製作した木箱に梱包されて作品として展示される。木箱のフタの内側には思い出を綴ったテキストが貼り付けられ、来場者は箱を開くことで布にまつわる記憶を辿ることができるという。なお、展示された作品は会期終了後に木箱と共に参加者へ返却される。

参加応募は、同プロジェクトの特設サイトにて6月10日まで受付中。

※応募締切が1週間延長になりました(2012年6月4日追記)


『リー・ミンウェイ展(仮)』

2012年8月28日(火)~10月21日(日)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:11:00~19:00 日曜・祝日11:00~18:00
休館日:月曜日(祝日が月曜日にあたる場合も休館)

(画像:台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei)

台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei
台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei
台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei
台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei
フタの内側のテキストを読むリー・ミンウェイ 台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei
フタの内側のテキストを読むリー・ミンウェイ 台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei
作品を鑑賞する観客 台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei
作品を鑑賞する観客 台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei
布製品を収めた箱とテキスト(本展では、和英併記となります) 台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei
布製品を収めた箱とテキスト(本展では、和英併記となります) 台北現代美術館でのFabric of Memory 展示風景(2007年) Courtesy of MoCA Taipei
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら