ニュース

直木賞小説『悼む人』が堤幸彦演出で舞台化、キャストに向井理、小西真奈美ら

天童荒太の小説『悼む人』の舞台化が発表された。

2008年に発表された『悼む人』は、全国を放浪しながら死者を悼む旅を続ける主人公を巡り、その悼む旅に随伴する人間不信の雑誌記者、かつて夫を殺した女、末期癌の母、子供を身ごもる妹らのドラマを描いた作品。2009年に『第140回直木賞』を受賞したことでも話題となった。

初の舞台化となる今回のキャストは、事故や事件に巻き込まれて命を落とした人々を亡くなった現場で「悼む」ため、全国を放浪している坂築静人役の向井理をはじめ、静人と行動を共にする奈儀倖世役の小西真奈美、週刊誌記者・蒔野抗太郎役の手塚とおる、静人の妹・坂築美汐役の真野恵里菜、静人の母で末期癌患者の坂築巡子役の伊藤蘭となる。

さらに、演出を天童荒太の著書『包帯クラブ』の映画でメガホンを取った堤幸彦、脚本をNHK連続テレビ小説『てるてる家族』やNHK大河ドラマ『風林火山』などを手掛けた大森寿美男が手掛ける。

東京公演は10月19日から28日まで東京・渋谷のPARCO劇場で上演。その後、横浜、大阪、広島、名古屋、福岡、松山、松本、札幌、仙台、新潟を巡る。横浜公演を除くチケット一般発売は9月8日からスタート。横浜公演は11月3日から販売がスタートする。

『悼む人』

脚本:大森寿美男
演出:堤幸彦
原作:天童荒太『悼む人』文春文庫刊
出演:
向井理
小西真奈美
手塚とおる
真野恵里菜
伊藤蘭

東京公演
2012年10月19日(金)~10月28日(日)
会場:東京都 パルコ劇場
料金:8,400円 U-25チケット5,000円

大阪公演
2012年10月31日(水)~11月4日(日)
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール
料金:S席8,400円 A席6,300円 B席4,200円

広島公演
2012年11月6日(火)、11月7日(水)
会場:広島県 アステールプラザ 大ホール

名古屋公演
2012年11月9日(金)~11月11日(日)
会場:愛知県 中日劇場

福岡公演
2012年11月13日(火)~11月15日(木)
会場:福岡県 キャナルシティ劇場

松山公演
2012年11月17日(土)、11月18日(日)
会場:愛知県 松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール
  
松本公演
2012年11月21日(水)
会場:長野県 まつもと市民芸術館 主ホール

札幌公演
2012年11月24日(土)、11月25日(日)
会場:北海道 札幌市教育文化会館 大ホール

仙台公演
2012年11月27日(火)
会場:宮城県 電力ホール

新潟公演
2012年11月30日(金)~12月2日(日)
会場:新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場

横浜公演
2012年12月7日(金)~12月9日(日)
会場:神奈川県 KAAT 神奈川芸術劇場ホール

(画像:左から、真野恵里菜、伊藤蘭、向井理、小西真奈美、手塚とおる)

左から、真野恵里菜、伊藤蘭、向井理、小西真奈美、手塚とおる
左から、真野恵里菜、伊藤蘭、向井理、小西真奈美、手塚とおる
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露