ニュース

男女逆転『大奥』続編映画の主題歌はMISIA&布袋、永遠の愛歌う壮大なロックバラード

12月22日から公開される映画『大奥~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]』の主題歌が、MISIAの新曲“Back In Love Again(feat.布袋寅泰)”になることが明らかになった。

MISIAと布袋寅泰のコラボレートは、映画のテーマである「永遠の愛」を表現するために、MISIAが布袋に楽曲提供を依頼したことから実現。布袋の書き下ろし楽曲をMISIAが歌い上げた壮大なロックバラードになっているとのこと。

よしながふみ原作の映画『大奥~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]』は、2010年に公開された映画『大奥』の続編にあたる作品。謎の疫病によって男の人口が4分の1まで激減した江戸時代を舞台に、男女の役割が逆転した大奥で渦巻く人間ドラマが描かれた作品だ。同作では5代将軍・徳川綱吉の時代が描かれ、主演の堺雅人は野望を抱き大奥入りする貧乏公家・右衛門佐役、菅野美穂が世継ぎを産む責務を背負う綱吉役を演じる。

なお、MISIAの新曲“DEEPNESS”が、10月からTBS系で放送されるテレビドラマ『大奥~誕生~ [有功・家光篇]』の主題歌になることも判明。MISIAは映画版とドラマ版の『大奥』主題歌について、「原作を読んであっという間に物語の中に引き込まれていきました。“DEEPNESS”は辛い日々の中でもあなたさえいてくれたら生きていけると歌っています。“Back In Love Again”は何度出逢う運命でもまたあなたと恋に落ちたいと云っています。この2つの歌は、やがて大きな愛の流れの中で繋がっていくことを意識し作りましたので、是非ドラマと映画、両方でその愛の歌を聴いて欲しいです」とコメントしている。

また、MISIAとコラボレートした布袋は「最高のボーカリストの隣でギターを弾くことはギタリストにとって至福の喜びだ。MISIA の天空へ届けとばかりに力強い歌声から大きな刺激を受けた。この珠玉のラブソングがたくさんの恋人たちの心に届くことを祈っている」とMISIAの歌声に賛辞を送っている。

『大奥~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]』

2012年12月22日(土)より全国ロードショー
監督:金子文紀
脚本:神山由美子
原作:よしながふみ『大奥』(白泉社)
音楽:村松崇継
主題歌:MISIA“Back In Love Again(feat.布袋寅泰)”
出演:
堺雅人
菅野美穂
尾野真千子
柄本佑
要潤
桐山漣
竜星涼
満島真之介
郭智博
永江祐貴
三浦貴大
市毛良枝
榎木孝明
由紀さおり
堺正章
宮藤官九郎
西田敏行
配給:松竹、アスミック・エース

テレビドラマ
『大奥~誕生~ [有功・家光篇]』

TBS系にて2012年10月12月22:00から放送
監督:金子文紀
脚本:神山由美子
原作:よしながふみ『大奥』
主題歌:MISIA“DEEPNESS”
出演:
堺雅人
多部未華子
田中聖
平山浩行
南沢奈央
段田安則
内藤剛志
麻生祐未

(画像上:MISIAと布袋寅泰、画像下:『大奥~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]』©2012男女逆転『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会)

MISIAと布袋寅泰
MISIAと布袋寅泰
『大奥〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇]』©2012男女逆転『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会
『大奥〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇]』©2012男女逆転『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」