ニュース

園子温監督が半生綴った著書『非道に生きる』刊行、記念上映会でChim↑Pomとトーク

園子温監督の著書『非道に生きる』が、本日10月2日に刊行された。

映画『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』などで国内外から注目を集める園子温監督。原発問題を題材にした映画『希望の国』が10月20日から全国公開されるほか、2013年3月には新作『地獄でなぜ悪い Why don't you play in hell?』の公開も予定している。

同書は、園監督が自身の半生を振り返りながら、未来の日本映画への展望を示した書き下ろし書籍。幼少時代から映画監督を志した青春時代の思い出や、デビュー作から最新作までの撮影エピソードをはじめ、自身の映画・芸術観などが綴られている。

なお、同書の刊行と『希望の国』の公開を記念するイベントが、10月13日に東京・テアトル新宿で開催。同イベントでは『愛のむきだし』と『ヒミズ』が上映されるほか、園監督とエリイ、卯城竜太(共にChim↑Pom)によるトークも展開される。チケットは現在発売中。

『アイデアインク 04 非道に生きる』

2012年10月2日発売
著者:園子温
価格:987円(税込)
発行:朝日出版社

amazonで購入する

『「希望の国」公開記念 園子温、非道のオールナイト祭り(全2夜)「非道に生きる」刊行記念 The Latest Sono Sion ~近作の過剰な映画たち~』

2012年10月13日(土)OPEN 22:30 / START 23:00 / CLOSE 6:00
会場:東京都 新宿 テアトル新宿
上映作品:『愛のむきだし』『ヒミズ』
トーク出演者:
園子温
エリイ(Chim↑Pom)
卯城竜太(Chim↑Pom)
料金:3,000円
※18歳未満入場不可

『希望の国』

2012年10月20日(土)から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国でロードショー
監督・脚本:園子温
出演:
夏八木勲
大谷直子
村上淳
神楽坂恵
でんでん
筒井真理子
清水優
梶原ひかり
配給:ビターズ・エンド

(画像:園子温『アイデアインク 04 非道に生きる』表紙)

園子温『アイデアインク 04 非道に生きる』表紙
園子温『アイデアインク 04 非道に生きる』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで