ニュース

『横尾忠則 初のブックデザイン展』開催、ページから溢れるデザインの力

横尾忠則がデザインした本や雑誌に焦点を当てた企画展『横尾忠則 初のブックデザイン展』が、11月1日から東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催される。

1960年代、70年代とグラフィックデザイナーおよびイラストレーターとして強烈な個性を発揮し、1981年からは画家として国際的な活動を展開している横尾。2010年代を迎えた今も、貪欲に未知なる世界に挑み続けている。

同展では、横尾によるブックデザインの数々を紹介。完成された本だけでなく、アイデアスケッチや版下、指定紙、校正刷りなども展示される。奔放でありながらも、確固たるグラフィックデザインやタイポグラフィの礎の上に成り立った横尾の作品から、造本の様々な側面を知ることができそうだ。

11月7日には横尾と美術評論家で女子美術大学教授の南嶌宏を迎えたトークショーを開催。会期中には『ggg Books 別冊 ― 8「横尾劇場~横尾忠則の演劇・映画・コンサートポスター~」』も刊行される予定だ。


第315回企画展
『横尾忠則 初のブックデザイン展』

2012年11月1日(木)~11月27日(火)
会場:東京都 銀座 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
時間:11:00~19:00(土曜日は18:00まで)
休館日:日曜、祝日
料金:無料

ギャラリートーク
2012年11月7日(水)16:00~17:30
会場:東京都 銀座 DNP銀座ビル3F
出演:
横尾忠則
南嶌宏(美術評論家、女子美術大学教授)
定員:70名
料金:無料(要予約)

(画像上から:寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』 1967、『少年マガジン』 1970年5月30日号、細江英公、三島由紀夫『薔薇刑』 1971、横尾忠則『千年王国への旅』 1974、柴田錬三郎)

寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』 1967
寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』 1967
『少年マガジン』 1970年5月30日号
『少年マガジン』 1970年5月30日号
細江英公、三島由紀夫『薔薇刑』 1971
細江英公、三島由紀夫『薔薇刑』 1971
横尾忠則『千年王国への旅』 1974
横尾忠則『千年王国への旅』 1974
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今