ニュース

国際映画祭『東京フィルメックス』が今年も開催、特集上映で木下惠介作品を24本上映

アジアを中心に世界の先進的な作品を集めた国際映画祭『第13回 東京フィルメックス』が、11月23日から12月2日まで東京・有楽町朝日ホールを中心に開催される。

2000年に初開催され、今年で13回目を迎える同映画祭。アジアの新進作家による9作品が出品される『東京フィルメックス・コンペティション』では、イスラエルを巡る様々な状況を描き出した『514号室』や、政府が夫を見つけなければ集団自殺するという111人の少女の物語『111人の少女』、『ロカルノ映画祭』で最優秀新人監督賞を受賞したソン・ファン監督の『記憶が私を見る』をはじめ、日本からは内田伸輝監督の『おだやかな日常』、高橋泉監督の『あたしは世界なんかじゃないから』が上映される。

特別招待作品には、オープニングを飾るホン・サンス監督による『3人のアンヌ』、クロージング作品となるバフマン・ゴバディ監督の『サイの季節』をはじめ、ペドロ・コスタ、マノエル・ド・オリヴェイラ、アキ・カウリスマキ、ビクトル・エリセの4監督によるオムニバス作品『ギマランイス歴史地区(仮題)』、大森立嗣監督の新作『ぼっちゃん』 、園子温監督の『BAD FILM』、写真家・石内都のドキュメンタリー『ひろしま 石内都・遺されたものたち』など多彩な14作品が名を連ねている。

また、特集上映では、日本とイスラエルの国交樹立60周年を祝う『イスラエル映画傑作選』と、今年生誕100年を迎える木下惠介監督の24作品を上映する『木下惠介生誕100年祭』が実施される。

なお、関連イベント『映画祭の楽しみ方』が、11月13日に東京・代官山の蔦屋書店で開催。同イベントは『第1回 東京フィルメックス』からプログラムディレクターを務める市山尚三と、イランを代表する映画監督アミール・ナデリ監督がフィルメックスの見どころや裏話を語るトークショーが行われるほか、『東京フィルメックス』を長年サポートしているアニエスベーのオリジナルバッグの抽選会も実施される。先着整理券の入手方法は蔦屋書店のオフィシャルサイトで確認しよう。

『第13回 東京フィルメックス』

2012年11月23日(金)~12月2日(日)※全9日間
会場:
東京都 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)
東京都 有楽町 TOHOシネマズ日劇
東京都 築地 東劇

『映画祭の楽しみ方』

2012年11月13日(火)20:00~
会場:東京都 代官山 蔦屋書店1号館 2階 映像フロア
出演:
市山尚三
アミール・ナデリ

(画像上から:『第13回 東京フィルメックス』ポスター、『BAD FILM』 ©2012 Dongyu Club / pictures dept. / Sion Sono、『おだやかな日常』、『サイの季節』、『カルメン故郷に帰る』)

『第13回 東京フィルメックス』ポスター
『第13回 東京フィルメックス』ポスター
『BAD FILM』監督:園子温 ©2012 Dongyu Club / pictures dept. / Sion Sono
『BAD FILM』監督:園子温 ©2012 Dongyu Club / pictures dept. / Sion Sono
『おだやかな日常』 監督:内田伸輝
『おだやかな日常』 監督:内田伸輝
『サイの季節』監督:バフマン・ゴバディ
『サイの季節』監督:バフマン・ゴバディ
『カルメン故郷に帰る』監督:木下惠介
『カルメン故郷に帰る』監督:木下惠介
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと