ニュース

『横道世之介』から高良健吾と吉高由里子の仲睦まじい場面写真など公開

2013年2月23日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される『横道世之介』の場面写真が公開された。

今回明らかになった場面写真では、図々しく不器用ながらも頼みごとを断れない人の良さで真っ直ぐに生きる大学生・横道世之介を演じる高良健吾と、世之介の恋人でお嬢様育ちの与謝野祥子を演じる吉高由里子の仲睦まじい姿や、世之介を取り巻く人々の姿などが判明。また、オフィシャルサイトで予告編が公開されているので、こちらもあわせてチェックしてみよう。

『横道世之介』は、『第23回柴田錬三郎賞』を受賞した吉田修一の同名小説をもとに制作された作品。主人公・横道世之介を中心に、1980年代に青春を送った若者たちのユーモア溢れる日常と、その後の姿を描いた青春群像劇だ。監督・脚本は『南極料理人』『キツツキと雨』などでも知られる沖田修一、共同脚本には劇作家・小説家の前田司郎が名を連ねている。また、主題歌“今を生きて”をASIAN KUNG-FU GENERATIONが書き下ろしているほか、劇中音楽を高田漣が手掛けている。


『横道世之介』

2013年2月23日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:沖田修一
脚本:前田司郎
原作:吉田修一『横道世之介』
主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION“今を生きて”
音楽:高田漣
出演:
高良健吾
吉高由里子
池松壮亮
伊藤歩
綾野剛
朝倉あき
黒川芽以
柄本佑
佐津川愛美
大水洋介
田中こなつ
井浦新
堀内敬子
國村隼
きたろう
余貴美子
配給:ショウゲート

(画像:©2013『横道世之介』製作委員会)

『横道世之介』 ©2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』 ©2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』 ©2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』 ©2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』 ©2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』 ©2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』 ©2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』 ©2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』 ©2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』 ©2013『横道世之介』製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年