『QJ』で内村光良らが「男たちの別れ」トーク、早見あかり×ももクロ紅白楽屋話も

内村光良の特集記事が、本日2月12日発売のカルチャー雑誌『Quick Japan』vol.106に掲載されている。

同誌の特集記事「男たちの別れ」では、3月23日から全国で公開される映画『ボクたちの交換日記』でメガホンをとった内村へのロングインタビューをはじめ、同作主演の伊藤淳史、小出恵介へのインタビュー、さまぁ~ずがそれぞれ個別に相方について語るインタビューなど、多角的に「お笑い」や「別れ」を捉えている。また、第2特集「テレビ・オブ・ザ・イヤー 生き残るためのテレビ」では放送作家たちによる座談会などが掲載されている。

早見あかり(ex.ももいろクローバー)の特集記事では、20ページ以上にわたるフォトセッション、現在の心境を告白するロングインタビューに加えて、昨年末にももいろクローバーZが『第63回NHK紅白歌合戦』の楽屋から早見に電話をかける様子を文字に起こした記事も併録している。

さらに、UAとPIKA☆(ex.あふりらんぽ)によるSkype対談、吉高由里子が映画『横道世之介』の話題や自らの死生観を語るインタビュー、吉田豪がAKB48の高橋みなみ、篠田麻里子、渡辺麻友に恋愛論やセンター論を問いかけた記事なども収録されている。


『Quick Japan』vol.106

2013年2月12日発売
価格:945円(税込)
発行:太田出版

amazonで購入する

(画像上:『Quick Japan』vol.106 表紙、画像2番目から:『Quick Japan』vol.106より)

  • HOME
  • Book
  • 『QJ』で内村光良らが「男たちの別れ」トーク、早見あかり×ももクロ紅白楽屋話も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて