『文藝』最新号は『巨神兵東京に現わる』全文掲載含む舞城王太郎特集、木皿泉初小説も

舞城王太郎の特集記事が、4月6日に刊行される季刊文芸誌『文藝』2013年夏号に掲載される。

同特集では、舞城による描き下ろしイラストで構成されるグラビア「The Book to Come」をはじめ、舞城が翻訳を手掛けたアメリカの作家トム・ジョーンズの短編小説『スーパーマン、我が息子』、舞城が作中のテキストを担当した樋口真嗣監督、庵野秀明脚本による特撮短編映画『巨神兵東京に現わる』の全文が掲載される。

なお、同誌には『すいか』『野ブタをプロデュース。』などでも知られる脚本家・木皿泉の初小説『夕子』をはじめ、佐々木中の小説『らんる曳く』、町田康の新連載小説『ギケイキ』、『ボディ・レンタル』などで知られる小説家・佐藤亜有子の追悼特集といった多彩な内容になっている。

リリース情報

『文藝』2013年夏号

2013年4月6日発売
価格:1,350円(税込)
発行:河出書房新社

amazonで購入する

(画像:『文藝』2013年夏号 表紙)

  • HOME
  • Book
  • 『文藝』最新号は『巨神兵東京に現わる』全文掲載含む舞城王太郎特集、木皿泉初小説も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて