東浩紀、開沼博、津田大介がチェルノブイリ原発事故跡地の現在をレポートする書籍

チェルノブイリ原発事故跡地の現在を伝える書籍『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』が、6月28日に刊行される。

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を通じて、取材資金として600万円以上の支援を受けたことでも話題を集めた同書は、福島第一原発事故後に福島で取材を重ねた東浩紀、開沼博、津田大介の3人が、事故から27年経ったチェルノブイリをレポートした書籍。東によるツアー手記や開沼による論考、津田によるルポルタージュなどを、同行した写真家の新津保建秀の緊張感みなぎるグラビアと共に掲載する。また、井出明、速水健朗やロシアおよびウクライナの専門家たちが執筆したコラムなども収録される。

なお、同書と対になる書籍『福島第一原発観光地化計画 思想地図βvol.4-2』が、7月に刊行予定とのこと。

書籍情報

『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』

2013年6月28日発売
著者:東浩紀、井出明、開沼博、津田大介、速水健朗、藤村龍至、新津保建秀ほか
価格:1,470円(税込)
発行:株式会社ゲンロン

amazonで購入する

ゲンロン
『東浩紀と徳久倫康の「人生これでいいの!?」 第3回』[MP3]

価格:400円(税込)
ゲンロンカフェオープン記念イベントとして収録された2時間トーク

CINRA STOREで購入する

(画像:『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』表紙)

  • HOME
  • Book
  • 東浩紀、開沼博、津田大介がチェルノブイリ原発事故跡地の現在をレポートする書籍

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて