東浩紀

Total 43 Posts

1971年東京都生まれ。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。1993年に批評家としてデビュー。1998年に出版した『存在論的、郵便的』でサントリー学芸賞受賞。東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『ゲーム的リアリズムの誕生』『クォンタム・ファミリーズ』(三島由紀夫賞受賞)『一般意志2・0』など多数。2017年の新著『ゲンロン0 観光客の哲学』で第71回毎日出版文化賞受賞。

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて