肉体を衝突させるcontact Gonzo、展覧会『Physicatopia』がワタリウムで

contact Gonzoの展覧会『Physicatopia』が、2月5日から東京・神宮前のワタリウム美術館で開催される。

肉体を衝突させるパフォーマンスで知られるcontact Gonzo。現メンバーは4人となり、即興パフォーマンスに加え、音響、映像、写真といったメディアを用いた作品を制作している。

『Physicatopia』では、新作となる映像やインスタレーションに加え、過去のパフォーマンスの記録資料も展示。上半身が人間、下半身がキャタピラの彫刻作品や、発射されたグレープフルーツが撃った人間の背中に当たるという新作映像、黒い家のような立体から「黒パンチ」が飛んでくるインスタレーション、contact Gonzoのメンバーが宿泊する予定の木造居住スペース、立体作品などが紹介される。

なお会期中の2月5日には植野隆司(テニスコーツ)とのコラボパフォーマンスを開催。宇川直宏、東浩紀らによるトークも行なわれる。また2月25日のパフォーマンスではバンド・巨人ゆえにデカイのメンバーで現代美術家の水内義人がDJ方名義で共演する。

イベント情報

contact Gonzo展
『Physicatopia』

2017年2月5日(日)~3月26日(日) 会場:東京都 神宮前 ワタリウム美術館
時間:11:00~19:00(水曜は21:00まで) 休館日:月曜(3月20日は開館) 料金:一般1,000円 学生800円 小中学生500円 70歳以上700円
  • HOME
  • Art,Design
  • 肉体を衝突させるcontact Gonzo、展覧会『Physicatopia』がワタリウムで

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて