ニュース

菅付雅信の新刊『これからの教養』に東浩紀、伊東豊雄、原研哉、深澤直人ら

菅付雅信の編著書『これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講』が、3月25日に刊行された。

『コンポジット』などの編集長を務め、『物欲なき世界』『はじめての編集』などの著書も発表している菅付雅信。同書は2016年から2017年にかけて12回にわたって行なわれた連続トークイベント『菅付雅信連続トーク:これからのライフ』の模様をまとめたもの。菅付と11人のゲストによる対談が収録されている。

同書に登場しているのは、東浩紀、池上高志、伊東豊雄、原研哉、深澤直人、平野啓一郎、松井みどり、予防医学研究者の石川善樹、経済学者の水野和夫、「NewsPicks」編集長の佐々木紀彦、京都大学総長の山極寿一。

なお同書の刊行を記念したイベントも開催。4月3日には東京・代官山蔦屋書店で戦略コンサルタントの山口周、4月8日には東京・青山ブックセンター本店で宮沢章夫を招いて実施する。参加方法はDiscover21のオフィシャルサイトで確認しよう。

さらに編集講座『菅付雅信の編集スパルタ塾』の第6期受講生を募集中。現在発表されているゲスト講師は、東浩紀、『BRUTUS』編集長の西田善太、『新潮』編集長の矢野優、矢後直規(SIX)、松浦弥太郎、箕輪厚介(幻冬舎)、高崎卓馬(電通)、葛西薫(サン・アド)、山口周、深澤直人、菅野薫(電通)、 嶋浩一郎(博報堂ケトル)、内沼晋太郎(NUMABOOKS)。講義は4月10日から東京・下北沢の本屋B&Bで実施される。

『これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講』表紙
『これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開