ニュース

菅付雅信の新刊『これからの教養』に東浩紀、伊東豊雄、原研哉、深澤直人ら

菅付雅信の編著書『これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講』が、3月25日に刊行された。

『コンポジット』などの編集長を務め、『物欲なき世界』『はじめての編集』などの著書も発表している菅付雅信。同書は2016年から2017年にかけて12回にわたって行なわれた連続トークイベント『菅付雅信連続トーク:これからのライフ』の模様をまとめたもの。菅付と11人のゲストによる対談が収録されている。

同書に登場しているのは、東浩紀、池上高志、伊東豊雄、原研哉、深澤直人、平野啓一郎、松井みどり、予防医学研究者の石川善樹、経済学者の水野和夫、「NewsPicks」編集長の佐々木紀彦、京都大学総長の山極寿一。

なお同書の刊行を記念したイベントも開催。4月3日には東京・代官山蔦屋書店で戦略コンサルタントの山口周、4月8日には東京・青山ブックセンター本店で宮沢章夫を招いて実施する。参加方法はDiscover21のオフィシャルサイトで確認しよう。

さらに編集講座『菅付雅信の編集スパルタ塾』の第6期受講生を募集中。現在発表されているゲスト講師は、東浩紀、『BRUTUS』編集長の西田善太、『新潮』編集長の矢野優、矢後直規(SIX)、松浦弥太郎、箕輪厚介(幻冬舎)、高崎卓馬(電通)、葛西薫(サン・アド)、山口周、深澤直人、菅野薫(電通)、 嶋浩一郎(博報堂ケトル)、内沼晋太郎(NUMABOOKS)。講義は4月10日から東京・下北沢の本屋B&Bで実施される。

『これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講』表紙
『これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告