ニュース

世界84人のベッドルームを同アングルで撮影 仏写真家の写真集『My Room』

ジョン・サックレー『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』表紙
ジョン・サックレー『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』表紙

ジョン・サックレーの写真集『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』が本日3月16日に刊行された。

ジョン・サックレーは南アフリカ生まれのフランス人映画監督・写真家。これまでにソニーやコカコーラ、 EUなどのCM制作を手掛けたほか、2010年より世界中の18歳~30歳のベッドルームを撮影するプロジェクト『My Room Project』を開始。6年間にわたって世界55か国1200人のベッドルームを撮影し、2017年に写真集『My Room Project Portrait of a generation』をフランスで出版した。

『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』は同著を邦訳したもので、84人の寝室の写真とインタビューを掲載。全て部屋の中央にいる被写体が、天井から吊るされたカメラを見上げるという同じアングルで撮影されており、多様な人種やバックグラウンドの人々の写真を通してそれぞれの格差や夢、矛盾や歴史といった「世界の違い」をあぶりだしている。

都築響一は同書について「カメラは天井、だからみんな上を向いている。それが彼らの気持ちのようにも見えるのだ」 とコメント。また東浩紀は「世界は多様だ。けれど見上げる顔はみな驚くほど似ている。それこそが『人間』なのだ」と述べている。また小島秀夫は「あらゆる壁や天井、偏見を取り払った、来たるべき『OUR WORLD』を、“アート”という魔法で魅せてくれる」と称賛している。

都築響一のコメント

カメラは天井、だからみんな上を向いている。それが彼らの気持ちのようにも見えるのだ。

佐々木俊尚のコメント

食い入るように見た。さまざまな秘密は、ひそかに暮らしの細部に宿っている。

東浩紀のコメント

世界は多様だ。けれど見上げる顔はみな驚くほど似ている。それこそが「人間」なのだ。

小島秀夫のコメント

部屋には、その人の生い立ちや嗜好、思想が詰まっている。そこを俯瞰すれば、時代や民族までもが見えてくる。「My Room」は、あらゆる壁や天井、偏見を取り払った、来たるべき「OUR WORLD」を、“アート”という魔法で魅せてくれる。

中川和彦のコメント

見上げる若者の笑顔が世界の多様な価値観を認めているようだ。

 

 

銃のコレクションがある部屋(アメリカ)Ben ジョン・サックレー『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』より
銃のコレクションがある部屋(アメリカ)Ben ジョン・サックレー『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』より
戦争を知った部屋(ボスニア・ヘルツェゴビナ) ジョン・サックレー『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』より
戦争を知った部屋(ボスニア・ヘルツェゴビナ) ジョン・サックレー『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』より
アンデスの人里離れた村の部屋(コロンビア) ジョン・サックレー『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』より
アンデスの人里離れた村の部屋(コロンビア) ジョン・サックレー『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』より
初めて写真をとった部屋(イングランド)Penny ジョン・サックレー『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』より
初めて写真をとった部屋(イングランド)Penny ジョン・サックレー『My Room 天井から覗く世界のリアル 55ヵ国1200人のベッドルーム』より
画像を拡大する(19枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー