「ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校」第4期講師に八谷和彦、田中功起ら

「ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校」が第4期受講生を募集している。

2015年にスタートしたゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校。今年度は、前年度に引き続き「展示」を中心に据えたプログラムを展開する。年間を通して、座学、ワークショップ、美術館・ギャラリーへのツアー、制作の基礎、キュレーションの歴史展示設計と会場の設営、美術とテクノロジー、批評などを学ぶ。

さらに佐々木敦による「批評再生塾」や、さやわかと西島大介による「ひらめき☆マンガ教室」との合同授業など、ゲンロンスクールを横断する授業も用意されている。なお、年間計4回開催されるグループ展は一般公開され、各展覧会で入選した受講生による最終選抜展と最終講評会は来年3月に行なわれる。

主任講師は黒瀬陽平が務め、ゲスト講師には飴屋法水、宇川直宏、梅津庸一、鴻池朋子、椹木野衣、新藤淳、西澤徹夫、八谷和彦、田中功起、堀浩哉らが名を連ねる。最終講評会の審査員は岩渕貞哉、津田大介、和多利浩一、東浩紀ら。

受講申し込みは3月12日まで受付中。詳細はゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校のオフィシャルサイトでチェックしよう。

  • HOME
  • Art,Design
  • 「ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校」第4期講師に八谷和彦、田中功起ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて