『福島第一原発観光地化計画』の展覧会に梅沢和木、黒瀬陽平、新津保建秀、藤村龍至ら

展覧会『「フクシマ」へ門を開く――福島第一原発観光地化計画展 2013』が、本日12月24日から東京・五反田のゲンロンカフェで開催される。

2012年に思想家・東浩紀がスタートさせたプロジェクト『福島第一原発観光地化計画』は、事故から25年後となる2036年をめどに、福島・楢葉町のサッカー用施設「Jヴィレッジ」を大胆に再開発し、福島第一原発事故跡地に観光客を動員するという計画だ。

同展では、11月に刊行された書籍『思想地図β vol.4-2 福島第一原発観光地化計画』に関する作品群を制作過程の記録と共に紹介。また、立ち入ることで美術作家・梅沢和木によって「作品化」される可能性が生じる参加型インスタレーションなども設置される。監修は東、キュレーションは上田洋子が担当。参加作家には、梅沢、美術作家の黒瀬陽平、藤城嘘、写真家の新津保建秀、MIAU幹事会員の小嶋裕一、建築家の藤村龍至らが名を連ねている。

なお、本日19:00から梅沢、黒瀬、東によるギャラリートークが開催。イベントの模様はニコニコ生放送でメルマガ「福島第一原発観光地化計画通信」読者限定で生放送される。

イベント情報

『「フクシマ」へ門を開く――福島第一原発観光地化計画展 2013』

2014年12月24日(火)18:00~22:00(入場は21:30まで)
2014年12月25日(水)15:00~21:00(入場は20:30まで)
2014年12月26日(木)15:00~21:00(入場は20:30まで)
2014年12月27日(金)13:00~18:00(入場は17:30まで)
2014年12月28日(土)13:00~18:00(入場は17:30まで)
会場:東京都 五反田 ゲンロンカフェ、ゲンロンオフィス
参加作家:
梅沢和木
黒瀬陽平
小嶋裕一
新津保建秀
藤城嘘
藤村龍至
ほか
キュレーション:上田洋子
監修:東浩紀
料金:当日1,500円
※会期中何度でも再入場可、初回入場時1ドリンク付き

ギャラリートーク
2014年12月24日(火)19:00~
会場:東京都 五反田 ゲンロンカフェ
出演:
東浩紀
梅沢和木
黒瀬陽平

(画像:『「フクシマ」へ門を開く――福島第一原発観光地化計画展 2013』フライヤービジュアル)

  • HOME
  • Art,Design
  • 『福島第一原発観光地化計画』の展覧会に梅沢和木、黒瀬陽平、新津保建秀、藤村龍至ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて