コロナ禍を52人の日記で記録 『新潮』に坂本龍一、蓮實重彦、宇佐見りんら

昨年の1月1日から12月31日までの366日を52人の1週間日記でリレーする大型企画が、本日2月5日刊行の『新潮2021年3月号』に掲載される。

新型コロナウィルスの感染拡大による「緊急事態」を「生きた創る人」52人の日記で記録し、未来に伝える同特集。

日記寄稿者は、筒井康隆、町屋良平、松田青子、ブレイディみかこ、柴崎友香、菊地信義、菊地成孔、小山田浩子、ヤマザキマリ、町田康、佐伯一麦、角田光代、朝吹真理子、高橋源一郎、石原慎太郎、植本一子、内沼晋太郎、金井美恵子、山城むつみ、水村美苗、飴屋法水、今村夏子、東浩紀、エリイ、大竹伸朗、島田雅彦、青山七恵、桐野夏生、高山羽根子、滝口悠生、小川洋子、坂本慎太郎、千葉雅也、塩田千春、津村記久子、多和田葉子、いしいしんじ、金原ひとみ、池田亮司、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、村田沙耶香、柳美里、上田岳弘、近藤聡乃、黒河内真衣子、柄谷行人、宇佐見りん、平野啓一郎、坂本龍一、青葉市子、川上弘美、蓮實重彦。

書籍情報

『新潮2021年3月号』

2021年2月5日(金)発売 価格:1091円(税抜) 発行:新潮社
  • HOME
  • Book
  • コロナ禍を52人の日記で記録 『新潮』に坂本龍一、蓮實重彦、宇佐見りんら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて