蛍光灯の放電ノイズで音楽を奏でるOptrum、約7年ぶり新アルバムは『recorded 2』

Optrumのニューアルバム『recorded 2』が、6月19日にリリースされる。

蛍光灯の発行による放電ノイズを増幅することで音を奏でる自作楽器「OPTRON」を操る伊東篤宏と、ドラマーの進揚一郎によるOptrum。2006年の1stアルバム『recorded』以来、約7年ぶりのアルバムとなる同作には、ノイズやハードコア、インプロビゼーションをはじめ、ダンスミュージックやロックなどの要素も取り入れた全20曲が収録されている。録音とマスタリングは空間現代の『空間現代2』やにせんねんもんだい『N』も手掛けたnoguchi taoruが担当。

また、同作のリリースパーティーが8月2日に東京・渋谷のO-nestで開催。チケット予約はHEADZのオフィシャルサイトで受付けているほか、6月19日からO-nestの店頭でも販売される。

リリース情報

Optrum
『recorded 2』(CD)

2013年6月19日発売
価格:2,100円(税込)
UNKNOWNMIX 25 / HEADZ 181

1. 0:06
2. 1:50
3. 1:42
4. 1:45
5. 1:14
6. 1:15
7. 2:18
8. 2:04
9. 1:43
10. 0:48
11. 1:49
12. 2:42
13. 0:45
14. 0:50
15. 2:31
16. 1:14
17. 0:10
18. 2:10
19. 1:53
20. 1:02

amazonで購入する

イベント情報

『Optrum「recorded 2」release party!』

2013年8月2日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:
Optrum
THE LEFTY(KILLER-BONG & JUBE)
and more
DJ:UNKNOWNMIXER(佐々木敦)
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

(画像:Optrum『recorded 2』ジャケット)

  • HOME
  • Music
  • 蛍光灯の放電ノイズで音楽を奏でるOptrum、約7年ぶり新アルバムは『recorded 2』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて