生楽器の音色も織り交ぜたあたたかな電子音楽、ticklesの新アルバムが7月発売

ticklesのニューアルバム『old note & afterward』が、7月31日にリリースされる。

エレクトロニクスと生楽器を用いた温かいサウンドを生み出すticklesは、神奈川・湘南や藤沢を中心に活動する鎌田裕樹のソロプロジェクト。2006年に1stアルバムをリリースして以来、これまでに3枚のフルアルバムを発表しており、エレクトロニクスとリアルタイムサンプリングを駆使するライブ活動も展開している。

昨年リリースの『on an endless railway track』以来、約1年3か月ぶりのアルバムとなる同作は、電子音やピアノ、オルガン、ギター、ベース、鉄琴、ドラムなどの音を丹念に編み上げた作品。SoundCloudで収録曲“park”の試聴が実施されているので、こちらもチェックしてみよう。

リリース情報

tickles
『old note & afterward』(CD)

2013年7月31日発売
価格:2,100円(税込)
MOTION± / MOT-005

1. park
2. purple cloud
3. home
4. pod
5. little kinds
6. steam
7. door
8. old note
9. number

 

(画像上:tickles、画像下:tickles『old note & afterward』ジャケット)

  • HOME
  • Music
  • 生楽器の音色も織り交ぜたあたたかな電子音楽、ticklesの新アルバムが7月発売

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて