舞台版『パコと魔法の絵本』が再演、新キャストに谷花音、松下優也、安倍なつみら

後藤ひろひと作、G2演出の舞台『Paco ~パコと魔法の絵本~ from「ガマ王子vsザリガニ魔人」』が、2014年2月から東京・有楽町のシアタークリエで上演される。

『人間風車』『ダブリンの鐘つきカビ人間』などの作品を手掛けてきた後藤とG2。同公演は、2008年に中島哲也監督によって『パコと魔法の絵本』のタイトルで映画化された舞台『MIDSUMMER CAROL ~ガマ王子VSザリガニ魔人~』を、新たなキャストで再演するもの。主人公のパコ役は舞台初挑戦となる谷花音が演じるほか、西岡徳馬、松下優也、安倍なつみ、吉田栄作らが出演者に名を連ねている。さらに公募オーディションを実施し、谷花音とダブルキャストになるパコ役を選出するという。

チケット発売は11月を予定。地方公演の日程は後日発表される。

イベント情報

『Paco ~パコと魔法の絵本~ from「ガマ王子vsザリガニ魔人」』

2014年2月上演予定
会場:東京都 有楽町 シアタークリエ
作:後藤ひろひと
演出:G2
出演:
谷花音
西岡徳馬
松下優也
安倍なつみ
伊礼彼方
上山竜司
川崎亜沙美
広岡由里子
マギー
山内圭哉
吉田栄作
※地方公演も開催予定

(画像:『Paco ~パコと魔法の絵本~ from「ガマ王子vsザリガニ魔人」』キャスト(左から:松下優也、西岡徳馬、谷花音、吉田栄作、安倍なつみ))

  • HOME
  • Stage
  • 舞台版『パコと魔法の絵本』が再演、新キャストに谷花音、松下優也、安倍なつみら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて