ミシェル・ゴンドリー監督新作はボリス・ヴィアン原作の恋愛映画、予告編も公開

ミシェル・ゴンドリー監督の新作映画『ムード・インディゴ~うたかたの日々~』が、10月5日から東京・新宿バルト9、渋谷のシネマライズほかで上映される。

同作の原作は、ボリス・ヴィアンが1947年に発表した恋愛小説『うたかたの日々』。若い資産家のコランと、肺の中に睡蓮の蕾が根付いてしまったクロエの儚い恋を描き、フランスを代表する恋愛小説の1つとして発表後60年以上を経た現在でも高い支持を受けているほか、日本では岡崎京子が漫画化したことでも知られている。

実験的かつアイデアにあふれた作品を発表し続けるゴンドリー監督がメガホンをとった同作では、カクテルを作るピアノや恋人たちを運ぶ雲など、原作に登場するイメージの数々を映像化している。キャストは、コラン役に『真夜中のピアニスト』のロマン・デュリス、クロエ役に『アメリ』のオドレイ・トトゥ。

また、ボリス・ヴィアンが敬愛したデューク・エリントンの楽曲“クロエ”や“A列車で行こう”なども劇中音楽として使用されている。なお、タイトルの『ムード・インディゴ』もエリントンの楽曲から採られている。

CINRA.NETでは、9月6日(金)19:00(開場18:30)から東京・シネマート六本木 スクリーン4(東京都港区六本木3-8-15)で行われる『ムード・インディゴ~うたかたの日々~』試写会に10組20名様をご招待いたします!

コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2013年8月28日)

作品情報

『ムード・インディゴ~うたかたの日々~』

2013年10月5日(土)から新宿バルト9、シネマライズほかでロードショー
監督:ミシェル・ゴンドリー
原作:ボリス・ヴィアン『うたかたの日々』
脚本:ミシェル・ゴンドリー&リュック・ボッシ
出演:
ロマン・デュリス
オドレイ・トトゥ
オマール・シー
ガッド・エルマレ
配給:ファントム・フィルム

(画像:©Brio Films – Studiocanal – France 2 Cinema All rights reserved)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ミシェル・ゴンドリー監督新作はボリス・ヴィアン原作の恋愛映画、予告編も公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて