迫害される美女ゾンビと人間たちの愛憎描くモノクロ映画『Miss ZOMBIE』

SABU監督の新作映画『Miss ZOMBIE』が、9月14日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。

『うさぎドロップ』『MONDAY』『蟹工船』などの作品で国内外から評価を集めているSABU監督。「ゾンビ」をモチーフに据えた同作は、ある一家に突然送られてきた大きな荷物の中に「肉を与えるな」という取扱説明書と拳銃、そして女ゾンビが入っていたことから巻き起こる事件を中心に展開。男たちを魅了しながら徐々に人間のようになっていくゾンビと、ゾンビのようになっていく人間たちの姿が、全編モノクロによる静謐な映像と、同監督ならではスピード感溢れる語り口で描かれる。

人間の下僕として働かせられながらも、やがて美しく魅力的な姿になっていく女ゾンビ・沙羅役を小松彩夏が演じるほか、冨樫真、手塚とおる、冨樫真、大西利空、駿河太郎、芹澤興人、山内圭哉がキャストに名を連ねている。

作品情報

『Miss ZOMBIE』

2013年9月14日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開
監督・脚本・原案:SABU
出演:
小松彩夏
冨樫真
大西利空
駿河太郎
芹澤興人
山内圭哉
手塚とおる
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

(画像:©2013 Miss ZOMBIE Film Committee all rights reserved.)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 迫害される美女ゾンビと人間たちの愛憎描くモノクロ映画『Miss ZOMBIE』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて