取り壊し間近の一軒家の夏を描く廣原暁監督新作『HOMESICK』、音楽はトクマル

取り壊し間近の一軒家で起こる夏の出来事を描いた映画『HOMESICK』が、8月10日から東京・オーディトリウム渋谷ほか全国で順次公開される。

2009年に制作した『世界グッドモーニング!!』で、2010年の『PFFアワード』審査員特別賞や『バンクーバー国際映画祭2010』の新人賞グランプリを獲得した廣原暁監督。同作は、再開発が進む郊外を舞台に、間もなく取り壊される予定の実家に1人で留まる主人公が、近所の小学生3人組と真剣に遊ぶ中で自らの進むべき道を見つめ直していくという物語を描いた作品だ。

将来の展望を持たず30歳で仕事を失う主人公の沢北健二役を『花とアリス』の郭智博、不動産会社に勤める健司の同級生・村山のぞみ役を『サラリーマンNEO』シリーズの奥田恵梨華が演じるほか、健二と交流を深めていく3人の子ども「ころ助」「ヤタロー」「オッチ」役をオーディションで選ばれた金田悠希、舩崎飛翼、本間翔が演じる。また、劇中で使用される楽曲をトクマルシューゴが提供している。

なお、同作の公開を記念した特集上映『廣原暁監督特集+セレクト作品』が、8月10日から東京・オーディトリウム渋谷で開催。上映作品は、廣原監督の『世界グッドモーニング!!』『返事はいらない』の長編2作品と、『あの星はいつ現はれるか』『遠くはなれて』『小さな思い出~Un petit souvenir』の3本からなる短編集のほか、廣原監督が選んだジャック・ロジェ監督の『オルエットの方へ』、黒沢清監督の『ニンゲン合格』となる。スケジュールなどの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

作品情報

『HOMESICK』

2013年8月10日(土)からオーディトリウム渋谷ほか全国で順次公開
監督・脚本:廣原暁
音楽:トクマルシューゴ
出演:
郭智博
金田悠希
舩崎飛翼
本間翔
奥田恵梨華
配給:マジックアワー

イベント情報

『HOMESICK』公開記念
『廣原暁監督特集+セレクト作品』

2013年8月10日(土)から8月30日(金)までオーディトリウム渋谷で上映
上映作品:
[Aプログラム]『世界グッドモーニング!!』(監督:廣原暁)
[Bプログラム]『返事はいらない』(監督:廣原暁)
[Cプログラム]『あの星はいつ現はれるか』『遠くはなれて』『小さな思い出~Un petit souvenir』(監督:廣原暁)
[Dプログラム]『オルエットの方へ』(監督:ジャック・ロジェ)
[Eプログラム]『ニンゲン合格』(監督:黒沢清)
※上映日時はオフィシャルサイト参照

(画像:©PFFパートナーズ/東宝)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 取り壊し間近の一軒家の夏を描く廣原暁監督新作『HOMESICK』、音楽はトクマル

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて