宮藤官九郎のロックオペラ第2弾は不良高校の抗争劇、坂本慎太郎、向井秀徳ら楽曲提供

宮藤官九郎が作・演出を手掛けたオリジナルロックオペラ第2弾『大パルコ人2 バカロックオペラバカ「高校中パニック!小激突!!」』が、11月24日から東京・渋谷のパルコ劇場で上演される。

「大パルコ人」とは、大人計画とパルコ劇場が共同でプロデュースする、宮藤官九郎のオリジナルロックオペラシリーズのこと。近未来の渋谷を舞台に、サイボーグとロックバンドメンバーの青春ドラマを描いた前作からさらに青春感を増した同作は、再び近未来を舞台に不良高校同士の抗争と彼らの成長物語をオリジナル楽曲にのせて派手に繰り広げるという。なお、「バカロックオペラバカ」とは宮藤によると「バカとロックと短ランとジャージとタバコとタイマンとうまい棒とプレハブと新田恵利の『冬のオペラグラス』とエロ本とバカ。」の略とのこと。

出演は、久々の宮藤作品出演となる佐藤隆太をはじめ、勝地涼、永山絢斗、川島海荷、三宅弘城、皆川猿時、少路勇介、よーかいくん、坂井真紀、宮藤官九郎自らが名を連ねている。

さらに、同作のために宮藤と親交のあるアーティストがオリジナル楽曲を制作。綾小路翔、上原子友康(怒髪天)、小園竜一、坂本慎太郎、富澤タク、益田トッシュ、三宅弘城、向井秀徳、横山剣(クレイジーケンバンド)がそれぞれ多様な楽曲を提供するほか、宮藤自身も楽曲を手掛ける。なお、綾小路は不良グループのリーダー役で劇中にも出演する。

東京公演のチケット一般発売は10月6日からスタート。宮城・仙台サンプラザホール、大阪・森ノ宮ピロティホール、愛知・刈谷市総合文化センターでも上演される。

イベント情報

パルコ劇場40周年記念公演
『大パルコ人2 バカロックオペラバカ「高校中パニック!小激突!!」』

作・演出:宮藤官九郎
音楽:綾小路翔、上原子友康(怒髪天)、宮藤官九郎、小園竜一、坂本慎太郎、富澤タク、益田トッシュ、三宅弘城、向井秀徳、横山剣(クレイジーケンバンド)(50音順)
出演:
佐藤隆太
勝地涼
永山絢斗
川島海荷
三宅弘城
皆川猿時
少路勇介
よーかいくん
宮藤官九郎
坂井真紀
綾小路翔

東京公演
2013年11月24日(日)~12月29日(日)全41公演
会場:東京都 渋谷 パルコ劇場
料金:9,000円 ヤング券(U-25チケット)5,500円(要身分証明書)

仙台公演
2014年1月4日(土)~1月5日(日)
会場:宮城県 仙台サンプラザホール

大阪公演
2014年1月11日(土)~1月19日(日)
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール

愛知公演
2014年1月24日(金)~1月26日(日)
会場:愛知県 刈谷市総合文化センター

(画像:パルコ劇場40周年記念公演『大パルコ人2 バカロックオペラバカ「高校中パニック!小激突!!」』イメージビジュアル)

  • HOME
  • Stage
  • 宮藤官九郎のロックオペラ第2弾は不良高校の抗争劇、坂本慎太郎、向井秀徳ら楽曲提供

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて