国内外の美術作家に焦点あてるポスター型アート誌、創刊号はゲルハルト・リヒター

1人のアーティストに焦点をあてたポスター型のアートマガジン『X MAGAZINE』が創刊。同誌のウェブショップで発売中されている。

創刊号ではドイツを代表する現代美術作家のゲルハルト・リヒターを特集。規則的な色彩のパターンから構成される「カラー・チャート」や、絵の具を何層にも塗り重ねてはそぎ落とす手法で描かれる「アブストラクト・ペインティング」など、絶えず絵画というフィールドで抽象と具象の間を横断する表現に取り組むリヒターの作品を、両面フルカラーB2ポスターサイズで送料込み1,000円というリーズナブルな価格で楽しむことが出来る。

編集長は、1983年福島県生まれのクリエイティブディレクターでNPO法人「MADE IN FUKUSHIMA」の理事長も務める八木沢俊樹。なお、同誌の売上はMADE IN FUKUSHIMAの活動費に充てられる。

『X MAGAZINE』のオフィシャルウェブサイトでは、パリを拠点にするデザインスタジオ「M/M」が手掛けた『X MAGAZINE』シンボルマークをあしらったTシャツや、『X MAGAZINE』創刊号のために作られたオリジナルフレームも発売されているのであわせてチェックしてみよう。

書籍情報

『X MAGAZINE ISSUE.1 ゲルハルト・リヒター』

価格:1,000円(税込)

(画像:『X MAGAZINE ISSUE.1 ゲルハルト・リヒター』)

  • HOME
  • Book
  • 国内外の美術作家に焦点あてるポスター型アート誌、創刊号はゲルハルト・リヒター

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて