『グッドデザイン賞』2013年度の受賞作発表、大賞候補&『ベスト100』も選出

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する『グッドデザイン賞』の2013年度受賞結果が発表された。

同賞は、1957年に通商産業省によって創設された『グッドデザイン商品選定制度』を母体に設立。以来50年以上にわたり、暮らしと産業、社会を豊かにするデザインを顕彰している。

今年は3,400件の審査対象の中から1,212件が受賞。11月7日に発表される『グッドデザイン大賞』の候補10件と、『グッドデザイン金賞』および特別賞各賞の候補となる『グッドデザイン・ベスト100』もあわせて発表された。

『グッドデザイン大賞』の候補に挙げられたのは、株式会社三宅デザイン事務所の照明器具「陰翳 IN-EI ISSEY MIYAKE」、株式会社マルニ木工の椅子「HIROSHIMA フォールディングチェア」、LG電子の曲面型OLEDテレビ「EA9800」、株式会社NOiSの自転車「ノイズ カーゴ」、ダイハツ工業株式会社の軽自動車「ダイハツ タント」、フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社の自動車「フォルクスワーゲン ゴルフ」、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)のロケット「イプシロン」、自然科学研究機構国立天文台の電波望遠鏡「アルマ望遠鏡モリタアレイ」、首都高速道路株式会社+東京都+目黒区のジャンクション「大橋ジャンクション」、グーグル株式会社の「Google マップ」となる。

なお、同賞受賞デザイン全点を紹介する展覧会『グッドデザインエキシビション2013[G展]』が、10月30日から東京・赤坂の東京ミッドタウン各所で開催される。

イベント情報

『グッドデザインエキシビション2013[G展]』

2013年10月30日(水)~11月4日(月・祝)
会場:東京都 赤坂 東京ミッドタウン各所
時間:11:00~20:00(最終日は17:00まで)
料金:1,000円

(画像:2013年度『グッドデザイン賞』ロゴ)

  • HOME
  • Art,Design
  • 『グッドデザイン賞』2013年度の受賞作発表、大賞候補&『ベスト100』も選出

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて