ニュース

女性監督による残酷血まみれ映画『クソすばらしいこの世界』、キム・コッビも出演

田舎町で繰り広げられる惨劇を描いたスラッシャー映画『クソすばらしいこの世界』が、2013年初夏から東京・ポレポレ東中野で公開される。

同作の舞台はアメリカ・ロサンゼルス。日本人留学生グループのキャンプに誘われた韓国人留学生アジュンは、酒やドラッグ、セックスや遊びにうつつを抜かしている日本人留学生たちに強い苛立ちを感じていたが、やがてある凶悪な事件に巻き込まれてしまう。

日本では珍しい本格的なスラッシャー映画に挑んだのは、同作が長編デビュー作となる女性監督の朝倉加葉子。全編ロサンゼルスでの撮影を敢行し、鮮血が飛び散る残虐な映像を作り上げた。真面目な韓国人留学生アジュン役には、『息もできない』のキム・コッビ。共演には『ムカデ人間』で世界的に注目を集めた北村昭博らが名を連ねている。なお、同作は本日2月21日から北海道・夕張で開催される『2013年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』で先行上映される。


『クソすばらしいこの世界』

2013年初夏よりポレポレ東中野にて公開
監督・脚本:朝倉加葉子
出演:
キム・コッビ
大畠奈菜子
北村昭博
しじみ
配給:ブラウニー

(画像:©2013 KINGRECORDS)

『クソすばらしいこの世界』 ©2013 KINGRECORDS
『クソすばらしいこの世界』 ©2013 KINGRECORDS
『クソすばらしいこの世界』 ©2013 KINGRECORDS
『クソすばらしいこの世界』 ©2013 KINGRECORDS
『クソすばらしいこの世界』 ©2013 KINGRECORDS
『クソすばらしいこの世界』 ©2013 KINGRECORDS
『クソすばらしいこの世界』 ©2013 KINGRECORDS
『クソすばらしいこの世界』 ©2013 KINGRECORDS
『クソすばらしいこの世界』 ©2013 KINGRECORDS
『クソすばらしいこの世界』 ©2013 KINGRECORDS
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは