ニュース

村上龍と坂本龍一による対談集『21世紀のEV.Cafe』、3.11後の語り下ろしも収録

村上龍と坂本龍一による対談集『村上龍と坂本龍一 21世紀のEV.Cafe』が、3月15日に刊行された。

同書は1985年に刊行された2人による対談集『EV.Cafe 超進化論』の続編にあたるもの。同書のための語り下ろし対談「3.11後の東京で語る」をはじめ、1998年から99年にかけて雑誌『Esquire 日本版』に連載されていた対談、村上龍主宰のメールマガジン『JMM』に初掲載された鼎談が掲載されている。

対談のゲストには、浅田彰(京都造形芸術大学教授)、伊藤穰一(MITメディアラボ所長)、赤尾健一(経済学者)、北野宏明(ソニーコンピュータサイエンス研究所取締役代表取締役社長)、塩崎恭久(自民党政務調査会長代理)、竹中直純(未来検索ブラジル取締役)が名を連ねている。

リリース情報

『村上龍と坂本龍一 21世紀のEV.Cafe』

2013年3月15日発売
著者:村上龍、坂本龍一
価格:1,575円(税込)
発行:スペースシャワーブックス

amazonで購入する

(画像:『村上龍と坂本龍一 21世紀のEV.Cafe』表紙)

『村上龍と坂本龍一 21世紀のEV.Cafe』表紙
『村上龍と坂本龍一 21世紀のEV.Cafe』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)