ニュース

古川日出男の新作小説は構想執筆に10年をかけた大作、アジカン後藤とトーク&ライブも

古川日出男の新作小説『南無ロックンロール二十一部経』が、5月15日に刊行される。

古川が物語の原点として1995年の阪神大震災とオウム真理教事件に立ち返り、10年という月日をかけて構想・執筆した同作は、原稿用紙1,000枚におよび、場所と時間、リアルと虚構を縦横無尽に越境する壮大な作品。古川の小説家デビュー15周年の記念碑的な作品となっているとのこと。

また、古川は同書の刊行に際して「真の意味での『震災』と『人災』の起きた1995年は、戦後最大のカタストロフィが日本を襲った年だったと思う。直視するには想像力が必要だった。しかし、たとえばオウム真理教側が持っていた『物語』と、事件を報道するメディア側の持つ『物語』は違いすぎた。亀裂を埋める想像力はほとんど見当たらなかった。2011年、カタストロフィは一気に規模をアップデートした。この時、僕は『物語に何ができるのか』の問いに対しては沈黙した。なぜならば、それは物語の形で差し出す以外にない答えだから。その物語が、これだ」とのコメントを寄せている。CINRA.NETでは古川と後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)による対談の前編を掲載中。後編は5月16日に公開予定だ。

なお、同書の刊行を記念した『古川日出男×後藤正文トーク&ライブセッション』が7月21日に開催される。イベント参加には、CINRA.STOREで購入された同書に付属する抽選券が必要となる。イベントや応募方法などの詳細はCINRA.STOREで確認しよう。

書籍情報

『南無ロックンロール二十一部経』

2013年5月15日発売予定
著者:古川日出男
価格:2,520円(税込)
発行:河出書房新社

 

古川日出男
『南無ロックンロール二十一部経』

価格:2,520円(税込)
構想・執筆 10 年、小説家デビュー15 周年となる超大作!
【CINRA.STORE限定特典】
CINRA.STOREで『南無ロックンロール二十一部経』を購入し、ご応募いただいた方の中から抽選で100名様を『古川日出男×後藤正文 トーク&ライブセッション』にご招待します(抽選券付き書籍の発送は6月28日(金)16:00の決済完了分まで)

CINRA STOREで購入する


イベント情報

『古川日出男×後藤正文トーク&ライブセッション』

2013年7月21日(日)17:30スタート予定
会場:東京都 青山 某所
出演:
古川日出男
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
定員:100名(当選者のみ入場可、座席有・自由席)
料金:無料(ドリンク別)
※会場は当選者のみ連絡、入場時2ドリンク(1,000円)別

 

(画像上:『南無ロックンロール二十一部経』表紙、画像下:左から古川日出男、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION))

『南無ロックンロール二十一部経』表紙
『南無ロックンロール二十一部経』表紙
左から古川日出男、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)(CINRA.NETインタビューより)
左から古川日出男、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)(CINRA.NETインタビューより)
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと