ニュース

エル・ファニング×サリー・ポッター監督新作は冷戦下の思春期描く『ジンジャーの朝』

エル・ファニング主演のサリー・ポッター監督新作映画『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』が、8月から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で公開される。

冷戦時代に突入した1960年代のロンドンを舞台にした同作は、学校の授業をさぼって宗教や政治、ファッションに興味を示していたジンジャーとローザの友情に、恋愛や互いの反核運動への思いの違いから亀裂が生じていく様子を描いた作品。少女から大人へと変化する青春時代の煩悶や葛藤、そして成長していく姿を、女性監督ならではの描写で繊細に露わにしている。

ジンジャー役をダコタ・ファニングの妹であり『Super 8/スーパーエイト』『Virginia/ヴァージニア』などに出演しているエル・ファニング、ローザ役をジェーン・カンピオン監督と映像作家のコリン・イングラートを両親に持つアリス・イングラートが演じるほか、クリスティーナ・ヘンドリックス、アネット・ベニング、アレッサンドロ・ニヴォラ、ティモシー・スポール、オリヴァー・プラット、ジョディ・メイがキャストに名を連ねている。

また、劇中の音楽は、1960年代当時の人々がレコードやラジオで聞いていたヒット曲の中からサリー・ポッター監督自らが選曲しており、The Shadows“Apache”、デイヴ・ブルーベック“Take Five”、マイルス・デイビス、セロニアス・モンク、シドニー・ベシェ、ジャンゴ・ラインハルトらの楽曲が、人々の生活のBGMに用いられている。

作品情報

『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』

2013年8月からシアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー
監督:サリー・ポッター
出演:
エル・ファニング
アリス・イングラート
クリスティーナ・ヘンドリックス
アネット・ベニング
アレッサンドロ・ニヴォラ
ティモシー・スポール
オリヴァー・プラット
ジョディ・メイ
配給:プレイタイム

 

(画像:©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012)

『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 ©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 ©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 ©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 ©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 ©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 ©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 ©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 ©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 ©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』 ©BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー