ニュース

『花椿』7月号にホンマタカシ×ソニア・パークが紡ぐ物語、穂村弘×松田青子対談も

写真家のホンマタカシとスタイリストのソニア・パークによる特集記事が、資生堂の企業文化誌『花椿』7月号に掲載されている。

「かなでる」がテーマの同誌の巻頭特集には、瀬戸内にある香川・小豆島を舞台にした少女の物語「shima shima rhapsody」を掲載。ソニア・パークがスタイリングを手掛けた少女が島の名所を巡る様子を、ホンマタカシによる色鮮やかな写真と詩人の文月悠光による言葉で紹介している。なお、同号では瀬戸内エリアが舞台の『瀬戸内国際芸術祭2013』の紹介記事も掲載されているほか、小豆島を楽しむための案内記事が7月初旬に『花椿』のオフィシャルサイトで公開される予定だ。

また、同誌には歌人の穂村弘と著書『スタッキング可能』でも知られる作家・松田青子の対談、季節に合わせた美容情報を提供する「美肌歳時記」や、湯山玲子による『蓄音機』をテーマにした記事、作家・大崎善生の短編『彼女が悲しみを置く棚』、森村泰昌の連載記事など、多彩なジャンルの情報が掲載されている。


書籍情報

『花椿』7月号

2013年6月5日から配布

(画像上:『花椿』7月号 表紙、画像中・下:『花椿』7月号より)

『花椿』7月号 表紙
『花椿』7月号 表紙
『花椿』7月号より
『花椿』7月号より
『花椿』7月号より
『花椿』7月号より
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開