ニュース

松山ケンイチ主演、原発事故を背景に故郷への帰還と家族の再生描く映画『家路』

松山ケンイチ主演の映画『家路』が、2014年春に公開されることがわかった。

同作は、東日本大震災以降の福島を舞台に、失われた故郷への帰還と家族の再生を描いた作品。放射能で人の立ち入りが制限された警戒区域内の家に高校時代に故郷を出た男・沢田次郎が帰郷し、土を耕しながら暮らし始めたことをきっかけに、ばらばらになった家族たちが再会していくという物語だ。

次郎の兄で、農家を継いだ長男・総一役を内野聖陽、次郎と総一の母親役を田中裕子、総一の妻・美佐役を安藤サクラが演じる。さらに、山中崇、光石研、田中要次、石橋蓮司らがキャストに名を連ねている。

メガホンをとったのは、テレビドキュメンタリーのディレクターとして25年以上のキャリアを持つ久保田直。また、映画『いつか読書する日』『スープ・オペラ』『独立少年合唱団』などでも知られる青木研次が脚本を手掛けている。

松山は同作について「次郎というキャラクターは人間界と自然界があれば自然界で生きようとする役柄。自然を抱擁しようとする大きな人間の美しさが脚本に表現されています。素晴らしい脚本の美しさを損なわないように観客の皆様に届けたいと思っています」とコメント。

また、久保田監督は「福島の警戒区域は閉ざされた空間になってしまっていますが、その土地に対する『想い』は閉じ込めてはいけないと思い、警戒区域内の故郷へ戻る物語を描こうと思いました」と製作意図を明かしている。

同作は6月からクランクイン。全編にわたって福島で撮影される予定だ。

作品情報

『家路』

2014年春から全国公開
監督:久保田直
脚本:青木研次
出演:
松山ケンイチ
田中裕子
安藤サクラ
内野聖陽
山中崇
光石研
田中要次
石橋蓮司
配給:ビターズ・エンド

 

(画像:松山ケンイチ)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く