ニュース

セクシュアルマイノリティー映画の祭典『第22回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』

セクシュアルマイノリティーの映画祭『第22回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』が、7月5日から東京・神宮前の東京ウィメンズプラザホール、7月12日から東京・表参道のスパイラルホールで開催される。

1992年から開催されている同映画祭では、日本では劇場公開される機会の少ないセクシュアリティーやジェンダーをテーマにした映画を紹介。同性愛者と異性愛者の垣根を越え、セクシュアルマイノリティーの文化に触れることができるイベントだ。

今回の上映作品には、ゲイポルノ界に新しいジャンルを築いたトランスセクシュアルのポルノスターを追った『ミスター・エンジェル』、レズビアンであることをカミングアウトし、プロのバスケットボール選手として活躍することを夢見る女性のドキュメンタリー『エミリー ―青春へのパス』、ドラァグクイーンの元祖と称される人物の素顔に肉迫する『伝説のディヴァイン』などドキュメンタリー4作品がラインナップされている。

また、シャイな青年とゲイクラブの「GOGOボーイ」の恋物語を描く『GOGOボーイを追いかけて』、パレスチナ人の学生とイスラエルの弁護士の同性愛を描く『アウト・イン・ザ・ダーク』、メキシコ系アメリカ人が抱える不法移民問題や経済格差を背景にした15歳の少女同士の恋愛を描く『モスキータ&マリ』など長編7作品や、セクシュアリティーをテーマに据えた短編作品も上映される。さらに、日本国内で製作された短編作品を上映し、観客による投票形式でグランプリ作品を決定する『レインボー・リール・コンペティション 2013』も実施。

なお、同映画祭の公式パーティー『Le grand bal』が、7月5日に東京・表参道のCAYで開催され、当日は多彩なゲストを招くトークイベントなどが行われる。

イベント情報

『第22回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』

2013年7月5日(金)、7月6日(土)
会場:東京都 神宮前 東京ウィメンズプラザホール

2013年7月12日(金)~7月15日(月・祝)
会場:東京都 表参道 スパイラルホール
上映作品:
『伝説のディヴァイン』(監督:ジェフリー・シュワルツ)
『ミスター・エンジェル』(監督:ダン・ハント)
『エミリー ―青春へのパス』(監督:メリッサ・ジョンソン)
『インターセクション』(監督:グラント・ラフッド)
『ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー?』(監督:陳駿霖)
『幸せの選択』(監督:グレン・ゲイロード)
『アウト・イン・ザ・ダーク』(監督:ミハエル・メイヤー)
『GOGOボーイを追いかけて』(監督::コーリー・J・クルークバーグ)
『ママったらアルゼンチン』(監督:リリアーナ・パオリネッリ)
『ヨッシ』(監督:エイタン・フォックス)
『モスキータ&マリ』(監督:アウロラ・ゲレロ)
『短編集A:彼らはつながりあう』
『短編集B:彼女たちが掴むもの』
『レインボー・リール・コンペティション 2013』
料金:
前売 1日券1,300円 4回券4,800円 フェスティバルパス引換券14,000円
当日 1日券1,500円 フェスティバルパス引換券16,000円

『Le grand bal』
2013年7月5日(金)18:30~24:00
会場:東京都 表参道 CAY
料金:予約・フライヤー持参3,000円 当日3,500円 映画祭チケット半券3,000円 学生2,500円(全て1ドリンク付き)

(画像上から:『伝説のディヴァイン』、『ミスター・エンジェル』、『エミリー ―青春へのパス』、『GOGOボーイを追いかけて』、『モスキータ&マリ』)

『伝説のディヴァイン』(監督:ジェフリー・シュワルツ)
『伝説のディヴァイン』(監督:ジェフリー・シュワルツ)
『ミスター・エンジェル』(監督:ダン・ハント)
『ミスター・エンジェル』(監督:ダン・ハント)
『エミリー ―青春へのパス』(監督:メリッサ・ジョンソン)
『エミリー ―青春へのパス』(監督:メリッサ・ジョンソン)
『GOGOボーイを追いかけて』(監督:コーリー・J・クルークバーグ)
『GOGOボーイを追いかけて』(監督:コーリー・J・クルークバーグ)
『モスキータ&マリ』(監督:アウロラ・ゲレロ)
『モスキータ&マリ』(監督:アウロラ・ゲレロ)
画像を拡大する(24枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される