ニュース

セクシュアルマイノリティー映画の祭典『第22回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』

セクシュアルマイノリティーの映画祭『第22回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』が、7月5日から東京・神宮前の東京ウィメンズプラザホール、7月12日から東京・表参道のスパイラルホールで開催される。

1992年から開催されている同映画祭では、日本では劇場公開される機会の少ないセクシュアリティーやジェンダーをテーマにした映画を紹介。同性愛者と異性愛者の垣根を越え、セクシュアルマイノリティーの文化に触れることができるイベントだ。

今回の上映作品には、ゲイポルノ界に新しいジャンルを築いたトランスセクシュアルのポルノスターを追った『ミスター・エンジェル』、レズビアンであることをカミングアウトし、プロのバスケットボール選手として活躍することを夢見る女性のドキュメンタリー『エミリー ―青春へのパス』、ドラァグクイーンの元祖と称される人物の素顔に肉迫する『伝説のディヴァイン』などドキュメンタリー4作品がラインナップされている。

また、シャイな青年とゲイクラブの「GOGOボーイ」の恋物語を描く『GOGOボーイを追いかけて』、パレスチナ人の学生とイスラエルの弁護士の同性愛を描く『アウト・イン・ザ・ダーク』、メキシコ系アメリカ人が抱える不法移民問題や経済格差を背景にした15歳の少女同士の恋愛を描く『モスキータ&マリ』など長編7作品や、セクシュアリティーをテーマに据えた短編作品も上映される。さらに、日本国内で製作された短編作品を上映し、観客による投票形式でグランプリ作品を決定する『レインボー・リール・コンペティション 2013』も実施。

なお、同映画祭の公式パーティー『Le grand bal』が、7月5日に東京・表参道のCAYで開催され、当日は多彩なゲストを招くトークイベントなどが行われる。

イベント情報

『第22回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』

2013年7月5日(金)、7月6日(土)
会場:東京都 神宮前 東京ウィメンズプラザホール

2013年7月12日(金)~7月15日(月・祝)
会場:東京都 表参道 スパイラルホール
上映作品:
『伝説のディヴァイン』(監督:ジェフリー・シュワルツ)
『ミスター・エンジェル』(監督:ダン・ハント)
『エミリー ―青春へのパス』(監督:メリッサ・ジョンソン)
『インターセクション』(監督:グラント・ラフッド)
『ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー?』(監督:陳駿霖)
『幸せの選択』(監督:グレン・ゲイロード)
『アウト・イン・ザ・ダーク』(監督:ミハエル・メイヤー)
『GOGOボーイを追いかけて』(監督::コーリー・J・クルークバーグ)
『ママったらアルゼンチン』(監督:リリアーナ・パオリネッリ)
『ヨッシ』(監督:エイタン・フォックス)
『モスキータ&マリ』(監督:アウロラ・ゲレロ)
『短編集A:彼らはつながりあう』
『短編集B:彼女たちが掴むもの』
『レインボー・リール・コンペティション 2013』
料金:
前売 1日券1,300円 4回券4,800円 フェスティバルパス引換券14,000円
当日 1日券1,500円 フェスティバルパス引換券16,000円

『Le grand bal』
2013年7月5日(金)18:30~24:00
会場:東京都 表参道 CAY
料金:予約・フライヤー持参3,000円 当日3,500円 映画祭チケット半券3,000円 学生2,500円(全て1ドリンク付き)

(画像上から:『伝説のディヴァイン』、『ミスター・エンジェル』、『エミリー ―青春へのパス』、『GOGOボーイを追いかけて』、『モスキータ&マリ』)

『伝説のディヴァイン』(監督:ジェフリー・シュワルツ)
『伝説のディヴァイン』(監督:ジェフリー・シュワルツ)
『ミスター・エンジェル』(監督:ダン・ハント)
『ミスター・エンジェル』(監督:ダン・ハント)
『エミリー ―青春へのパス』(監督:メリッサ・ジョンソン)
『エミリー ―青春へのパス』(監督:メリッサ・ジョンソン)
『GOGOボーイを追いかけて』(監督:コーリー・J・クルークバーグ)
『GOGOボーイを追いかけて』(監督:コーリー・J・クルークバーグ)
『モスキータ&マリ』(監督:アウロラ・ゲレロ)
『モスキータ&マリ』(監督:アウロラ・ゲレロ)
画像を拡大する(24枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年