ニュース

ダンボールの家から「住む」を見直す展覧会『住む:プロジェクト―もうひとつの国』

イザベル&アルフレド・アキリザンによる「家」がモチーフのインスタレーション展『住む:プロジェクト―もうひとつの国』が、11月10日まで石川・金沢21世紀美術館で開催されている。

日本を含むアジア各国でプロジェクトを手掛けているイザベル&アルフレド・アキリザンは、フィリピン出身でオーストラリア在住のアーティスト。数々の国際展に参加しているほか、各地のコミュニティーとの相互交流の経過や結果を取り入れ、歴史や文化的特徴をあぶり出す作品を制作している。

同展では、ボルネオ島サバ州海岸部に暮らすバジャウ族の人々を通して、当たり前のように考えられがちな「住む」ことの自由を脅かすアジアの現状を俯瞰するプロジェクトを展開。会場近隣のアートスペースや金沢市内の学校で行われるワークショップや、会期中の週末に展示室内に設けられたワークショップブースで来場者が制作したダンボールの家なども作品の一部として展示される。


イベント情報

イザベル&アルフレド・アキリザン
『住む:プロジェクト―もうひとつの国』

2013年8月3日(土)~11月10日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館
時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで)
休館日:月曜(8月12日は開場、月曜が祝日の場合は翌平日休み)
料金:
当日 一般1,000円 大学生800円 小中高生400円 65歳以上800円
※『フィオナ・タン』展との共通券
『内臓感覚 - 遠クテ近イ生ノ声』との共通観覧券 一般1,700円 大学生1,400円 小中高生700円 65歳以上の方1,400円

『バジャウの人々の暮らしを想像して、アキリザンたちが建てた村に家をプレゼントしよう!』
2013年8月4日(日)~11月10日(日)の日曜13:00~16:00
場所:石川県 金沢21世紀美術館 展示室6内
料金:無料(同展観覧券が必要)
※小学4年生までは保護者同伴
※混雑した場合は参加人数を制限する場合があります
※作られた家は作品の一部となるため、持ち帰ることはできません

(画像上、中:イザベル&アルフレド・アキリザン 『住む:プロジェクト - もうひとつの国』2012年 'In-Habit' originally commissioned by Sherman Contemporary Art Foundation, Sydney, 2012 Photo: Jacob Ring ©Isabel & Alfredo Aquilizan、画像下:イザベル&アルフレド・アキリザン 『住む:プロジェクト―もうひとつの国』2012年 courtesy of the Artist and Sherman Contemporary Art Foundation ©Isabel & Alfredo Aquilizan)

イザベル&アルフレド・アキリザン 『住む:プロジェクト - もうひとつの国』2012年 'In-Habit' originally commissioned by Sherman Contemporary Art Foundation, Sydney, 2012 Photo: Jacob Ring ©Isabel & Alfredo Aquilizan
イザベル&アルフレド・アキリザン 『住む:プロジェクト - もうひとつの国』2012年 'In-Habit' originally commissioned by Sherman Contemporary Art Foundation, Sydney, 2012 Photo: Jacob Ring ©Isabel & Alfredo Aquilizan
イザベル&アルフレド・アキリザン 『住む:プロジェクト - もうひとつの国』2012年 'In-Habit' originally commissioned by Sherman Contemporary Art Foundation, Sydney, 2012 Photo: Jacob Ring ©Isabel & Alfredo Aquilizan
イザベル&アルフレド・アキリザン 『住む:プロジェクト - もうひとつの国』2012年 'In-Habit' originally commissioned by Sherman Contemporary Art Foundation, Sydney, 2012 Photo: Jacob Ring ©Isabel & Alfredo Aquilizan
イザベル&アルフレド・アキリザン 『住む:プロジェクト―もうひとつの国』2012年 courtesy of the Artist and Sherman Contemporary Art Foundation ©Isabel & Alfredo Aquilizan
イザベル&アルフレド・アキリザン 『住む:プロジェクト―もうひとつの国』2012年 courtesy of the Artist and Sherman Contemporary Art Foundation ©Isabel & Alfredo Aquilizan
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業