ニュース

人体実験で生み出された死体と機械の合成クリーチャーが襲い来る、映画『武器人間』

不死身の「武器人間」を製造する大量破壊兵器工場での戦いを描いた映画『武器人間』が、11月2日から東京・渋谷のシネクイントで公開される。

同作は、第2次世界大戦時に敗戦が濃厚だったナチスドイツが、死体と機械を合成した武器人間を製造している施設に、ソ連の偵察部隊が足を踏み入れたことから巻き起こるホラーエンタテインメント作品。施設の地下張り巡らされた迷路のような通路と広大な研究室で、フランケンシュタイン博士の末裔が手を染めた恐ろしい悪の所業が明らかになっていく。

監督は、オランダで活躍するCMディレクターで、ジャッキー・チェンの映画『Who am I?』やポール・バーホーベン監督の『ブラックブック』などで絵コンテやデザイン画を担当していたリチャード・ラーフォースト。長編映画デビュー作となる同作では、原案やクリーチャーのデザインも手掛けている。

作品情報

『武器人間』

2013年11月2日(土)からシネクイントでレイトロードショー
監督:リチャード・ラーフォースト
出演:
カレル・ローデン
ジョシュア・サッセ
ロバート・グウィリム
配給:トランスフォーマー

(画像:©2013 MPI MEDIA GROUP<>)

『武器人間』 ©2013 MPI MEDIA GROUP
『武器人間』 ©2013 MPI MEDIA GROUP
『武器人間』 ©2013 MPI MEDIA GROUP
『武器人間』 ©2013 MPI MEDIA GROUP
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開