ニュース

ポン・ジュノ監督新作は人類が1台の列車で暮らす世界を描くSF映画『スノーピアサー』

ポン・ジュノ監督の新作映画『スノーピアサー』が、2014年2月から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で公開されることがわかった。

『殺人の追憶』『グエムル-漢江の怪物-』『母なる証明』などの作品で知られ、斬新な映像と構成でアジアだけでなく欧米でも注目を集めているジュノ監督。国際色豊かなキャストを迎えて制作された同作は、フランスの漫画作品『LE TRANSPERCENEIGE』をもとにしたSF作品となり、新たな氷河期に突入した2031年の地球を舞台に、生き残った人間たちが一台の列車に乗って生活しているという奇抜な設定のもと、先頭車両に住む支配階級と奴隷のような扱いを受けている後方車両に住む人々の戦いが描かれる。

革命に燃える主人公カーティスを演じるのは、『アベンジャーズ』などでキャプテン・アメリカ役を演じたことも記憶に新しいクリス・エヴァンス。共演には『ナルニア国物語』シリーズのティルダ・スウィントン、『ハリー・ポッター』シリーズのジョン・ハート、『ヘルプ~心がつなぐストーリー』のオクタヴィア・スペンサーらがキャスティングされている。また、共同プロデューサーにパク・チャヌク監督も名を連ねている。

作品情報

『スノーピアサー』

2014年2月からTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
監督:ポン・ジュノ
原作:ポン・ジュノ、ケリー・マスターソン
原作:ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ『LE TRANSPERCENEIGE』
音楽:マルコ・ベルトラミ
出演:
クリス・エヴァンス
ソン・ガンホ
ティルダ・スウィントン
ジョン・ハート
オクタヴィア・スペンサー
ジェイミー・ベル
ユエン・ブレムナー
エド・ハリス
配給:ビターズ・エンド、角川書店

(画像:©2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED)

『スノーピアサー』 ©2013 SNOWPIERCER LTD.CO.  ALL RIGHTS RESERVED
『スノーピアサー』 ©2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年