ニュース

若手監督の登竜門『第35回ぴあフィルムフェスティバル』、特撮映画の特集上映も

映画祭『第35回ぴあフィルムフェスティバル』が、9月14日から東京・渋谷のシネクイントで開催される。

1977年に「映画の新しい才能の発見と育成」をテーマに掲げてスタートしたPFF。若手映画監督の登竜門として知られる自主制作映画のコンペティション部門「PFFアワード2013」では、511作品から選ばれた入選作品16本が上映され、東京会場の最終日となる9月20日にグランプリなど各賞が発表される。最終審査員を務めるのは、映画プロデューサーの安藤親弘、映画監督の橋本一、中村義洋、アナウンサーの中井美穂、俳優の森山未來。

また、招待作品部門では「連続講座 映画監督になる5つの方法」と題したプログラムを展開。映画を作り続けるための様々な方法を、「配信という方法」「自主制作体制を極める」「低予算映画のつくりかた」といったテーマに沿った作品上映をはじめ、監督やプロデューサーを招いたトークなどから探っていく。特集上映「素晴らしい特撮の世界」では、今年5月に逝去した特撮監督のレイ・ハリーハウゼンの追悼企画をはじめ、特撮監督の尾上克郎や映画監督の樋口真嗣、犬童一心、落語家の柳家喬太郎らが出演する招待制の講座『今、改めて特撮』も開催される。参加方法やプログラムの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

なお、同フェスティバルは11月12日から愛知・名古屋の愛知芸術文化センター、11月に京都の京都シネマ、12月に神戸アートビレッジセンター、2014年4月に福岡・福岡市総合図書館でも開催される。

イベント情報

『第35回ぴあフィルムフェスティバル』

東京会場
2013年9月14日(土)~9月20日(金)
会場:東京都 渋谷 シネクイント
料金:
コンペティション部門 前売 1回券1,000円 アワードフリーパス6,000円
コンペティション部門 当日 1回券1,200円 学生券800円
招待作品部門 前売 1回券1,300円
招待作品部門 当日 1回券1,500円 学生券1,200円

名古屋会場

2013年11月12日(火)~11月17日(日)
会場:愛知県 名古屋 愛知芸術文化センター

京都会場
2013年11月
会場:京都府 京都シネマ

神戸会場
2013年12月
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター

福岡会場

2014年4月
会場:福岡県 福岡市総合図書館

(画像上から:『第35回ぴあフィルムフェスティバル』ポスタービジュアル、群青いろ13『あした家族』、『アルゴ探検隊の大冒険』、『不気味なものの肌に触れる』)

『第35回ぴあフィルムフェスティバル』ポスタービジュアル
『第35回ぴあフィルムフェスティバル』ポスタービジュアル
群青いろ13『あした家族』(監督・原案:廣末哲万)
群青いろ13『あした家族』(監督・原案:廣末哲万)
『アルゴ探検隊の大冒険』(監督:ドン・チャフィ、特撮:レイ・ハリーハウゼン)
『アルゴ探検隊の大冒険』(監督:ドン・チャフィ、特撮:レイ・ハリーハウゼン)
『不気味なものの肌に触れる』(監督:濱口竜介)
『不気味なものの肌に触れる』(監督:濱口竜介)
画像を拡大する(20枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化