ニュース

三谷幸喜がナチス政権下描く『国民の映画』が再演、新キャストに元AKB秋元才加ら

三谷幸喜が作・演出を手掛ける『国民の映画』の再演が、2014年2月から東京・渋谷のパルコ劇場で上演される。

『第19回読売演劇大賞』最優秀作品賞を受賞した同作は、本公演スタート直後に東日本大震災に見舞われながらも、三谷やキャスト、スタッフらの「こういう時だからこそ、劇場のあかりをともさなければならない」という想いから公演を続行したという逸話のある作品。1940年代のベルリンを舞台に、ヒトラー内閣が設立した宣伝省の初代大臣パウル・ゲッベルスと、映画人たちの間で繰り広げられるドラマが描かれる。

今回の再演では、前作に引き続きゲッペルス役を演じる小日向文世、ヒムラー役を演じる段田安則らがキャストに名を連ねているほか、新たにゲーリング役の渡辺徹、新進女優エルザ役の秋元才加がキャスティングされている。

秋元は同作について「最初にこのお話を頂いた時、『え、あの三谷幸喜さんの作品ですか?』と驚いてしまいました。三谷幸喜さんの作品にこんなに早く出演させて頂けるなんて。AKB48を卒業して、最初の舞台が三谷幸喜作品という事でいいスタートを切れる様に精一杯努力していくつもりです!共演者の皆様にがむしゃらに食らいつきながらも、沢山学ばせて頂きたいと思います!応援よろしくお願いします」とコメントしている。

東京公演のチケット一般発売は12月上旬から開始予定。また、大阪、愛知、宮城、博多での公演も予定されている。

イベント情報

『国民の映画』

作・演出:三谷幸喜
出演:
小日向文世
段田安則
渡辺徹
吉田羊
シルビア・グラブ
新妻聖子
今井朋彦
小林隆
平岳大
秋元才加
小林勝也
風間杜夫

東京公演
2014年2月
会場:東京都 渋谷 パルコ劇場
料金:9,000円
※大阪、愛知、宮城、博多公演も予定

大阪公演
2014年3月12日(水)~3月16日(日)
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール

名古屋公演
2014年3月20日(木)~3月23日(日)
会場:愛知県 刈谷市総合文化センター

博多公演
2014年4月4日(金)~4月6日(日)
会場:福岡県 福岡市民会館

(画像上:秋元才加、画像下:渡辺徹)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」