ニュース

ピーター・ブルックが最小限の舞台装置と俳優の言葉と肉体で創作する『ザ・スーツ』

イギリスの演出家・演劇プロデューサーのピーター・ブルックによる舞台『ザ・スーツ』が、11月6日から東京・渋谷のパルコ劇場で上演される。

最小限の舞台装置と俳優の言葉、肉体によってイマジネーション豊かな劇空間を生み出すピーター・ブルック。日本では1973年の『真夏の夜の夢』を皮切りに、上演時間9時間の大作『マハーバーラタ』や『カルメンの悲劇』などの来日公演が行われており、国内外で高い評価を得ている。

今回上演される『ザ・スーツ』は、1999年に初演された作品を2012年にフランスのブッフ・デュ・ノール劇場で『魔笛』のクリエイションチームと共に新たに創作した新作となり、これまでに10か国21都市で上演されている。1950年代の南アフリカを舞台にしたとある夫婦の「スーツ」を巡る物語から、社会における女性の居場所、社会の中での立ち振る舞いなど、様々なテーマを描き出した作品だ。

ピーター・ブルックは同作について「劇場において、そのままの姿で存在し続けるものは何ひとつない。使い古されるだけのテーマもあるが、長い時を経て蘇るテーマもあるのだ」とコメントしている。チケットは現在一般発売中。


イベント情報

パルコ劇場40周年記念公演
『ザ・スーツ』

2013年11月6日 (水) ~11月17日 (日) 全15公演
会場:東京都 渋谷 パルコ劇場
演出・翻案:ピーター・ブルック
原作:
キャン・センバ
モトビ・マトローツ
バーニー・サイモン
演出・翻案・音楽:
ピーター・ブルック
マリー=エレーヌ・エティエンヌ
フランク・クラウクチェック
料金:8,400円 U-25チケット4,500円

(画像:『ザ・スーツ』より ©Johan Persson)

『ザ・スーツ』より ©Johan Persson
『ザ・スーツ』より ©Johan Persson
『ザ・スーツ』より ©Johan Persson
『ザ・スーツ』より ©Johan Persson
『ザ・スーツ』より ©Johan Persson
『ザ・スーツ』より ©Johan Persson
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露