ニュース

菊地成孔の新刊は『時事ネタ嫌い』、時事エッセイ46本に後日談を追記

菊地成孔の新刊『時事ネタ嫌い』が、本日9月15日に刊行された。

音楽家としてだけでなく、『スペインの宇宙食』『CDは株券ではない』などの著書や、大谷能生との共著『憂鬱と官能を教えた学校』『東京大学のアルバート・アイラー』など、文筆家としても精力的な活動を展開している菊地。同書は、2007年1月から2010年10月まで女性誌『FRaU』に連載されていた同名エッセイをまとめたもの。雑誌掲載分全46本に加えて、各エッセイに後日談を新たに加えた内容になっている。なお、ビュロー菊地チャンネルでは、まえがきと1章から3章までが無料で公開されている。

菊地は同書について、「07年から社会時事を追って、連載終了直後に尖閣sengoku動画流出があって、翌年は皆さん御存知のことになるんですが、ワタシの書籍の中では最も扱うネタが一般的で文章も最も平明で固く、つまりワタシの書籍を『わからない言葉がいっぱい出て来て』『文章が読みづらく』『扱っている対象の事を良く知らない』という点で批判される方々にとっては救いの神みたいな本です(笑)し、そうでない方にもかなり面白いと思いますよ」と、9月3日に公開されたビュロー菊地チャンネル内の記事「ビュロ菊だより」で綴っている。全文は同サイトで確認してみよう。

書籍情報

『時事ネタ嫌い』

2013年9月15日発売
著者:菊地成孔
価格:1,680円(税込)
発行:イースト・プレス

amazonで購入する

菊地成孔
『菊地成孔のポップアナリーゼ 少女時代“GENIE”は何故いい曲なのか?』[MP3]

価格:630円(税込)
菊地成孔が少女時代を語り尽くす!

CINRA STOREで購入する

(画像:菊地成孔『時事ネタ嫌い』表紙 撮影:岩田和美)

菊地成孔『時事ネタ嫌い』表紙 撮影:岩田和美
菊地成孔『時事ネタ嫌い』表紙 撮影:岩田和美
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ