ニュース

世界各国からギャラリー集う『TOKYO PHOTO』、今年は増上寺が舞台

国内外のギャラリーが参加するフォトフェア『TOKYO PHOTO 2013』が、9月27日から9月30日にかけて東京・芝公園の増上寺で開催される。

今回で5回目を迎える同イベントは、写真作品を販売するアートフェアやフォトキュレーターによる展示、キュレーターやアーティストらによるトークショーなどを通じて、写真文化を複合的に体感させると共に、お互いを刺激し合えるような場所を目指している。

今年は、東京をはじめ、ニューヨーク、パリ、ベルリン、アムステルダム、マドリッドなど世界の10都市のギャラリーが出展。イギリスの近現代美術館テート・モダンのフォトキュレーターを務めるサイモン・ベーカーによる企画展や、2012年に逝去した東松照明の追悼展、ウィリアム・クラインによる写真展、『日中未来の子ども100人の写真展』が行われる予定だ。なお、会期中は境内の中にカフェラウンジやバー、ショップなどが展開される。


イベント情報

『TOKYO PHOTO 2013』

2013年9月27日(金)~9月30日(月)
会場:東京都 芝公園 増上寺
時間:12:00~19:00
※9月27日(金)19:00~22:00はオープニング

参加ギャラリー:
J. Paul Getty Museum(ロサンゼルス)
Tate Modern(ロンドン)
Akio Nagasawa Gallery + polka galerie(東京、パリ)
aura gallery(北京)
Blitz Gallery(東京)
Galerie Camera Obscura(パリ)
CAMERA WORK(ベルリン)
EMON PHOTO GALLERY(東京)
Galerie Esther Woerdehoff(パリ)
Gagosian Gallery(ニューヨーク)
Herdon Contemporary(シンガポール)
Lewin Fine Art(マサチューセッツ)
M+B (ロサンゼルス)
Misa Shin Gallery(東京)
Photo Gallery International(東京)
Picture Photo Space(大阪)
Photo Vivienne(パリ)
Taka Ishii Gallery Photography / Film(東京)
Ten Haaf Projects(アムステルダム)
GALLERY TARGET(東京)
Sabrina Amrani Art Gallery(マドリード)
Galerie, Sho Contemporary Art(東京)
Tomio Koyama Gallery(東京)
Yumiko Chiba Associates(東京)
Zen Foto Gallery(東京)
ADAD BOOKS(ロンドン)
LibroArte/roshin books(東京)
limArt / Nazraeli Press(東京、ポートランド)
Magnum Photos(東京)
Rpj books by studio punkfloyd
Seigensha(東京)
SUPER LABO(東京)
Tokyo Photo Publications

料金:一般前売1,000円 一般当日1,300円 学生1,000円
※9月27日のみ学生500円

(画像上から:Mike Brodie, From the series “A Period of Juvenile Prosperity”, 2006-2009 Courtesy of M+B Gallery ©Mike Brodie、Nobuyoshi Araki, Paradise 2, 2013 Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film ©Nobuyoshi Araki、Rene Burri, Chicago Illinois USA, 1971 Courtesy of Galerie Esther Woerdehoff ©Rene Burri、Shomei Tomatsu, Hateruma Island, 1971 Courtesy of MISA SHIN GALLERY ©SHOMEI TOMATSU-INTERFACE、Ed Ruscha “On the Road”展 ガゴシアン・ギャラリーに於ける展示風景。今回増上寺にて再現します。 『Tokyo Photo 2012』会場風景 Courtesy of Gagosian Gallery ©Ed Ruscha)

Mike Brodie, From the series “A Period of Juvenile Prosperity”, 2006-2009 Courtesy of M+B Gallery ©Mike Brodie
Mike Brodie, From the series “A Period of Juvenile Prosperity”, 2006-2009 Courtesy of M+B Gallery ©Mike Brodie
Nobuyoshi Araki, Paradise 2, 2013 Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film ©Nobuyoshi Araki
Nobuyoshi Araki, Paradise 2, 2013 Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film ©Nobuyoshi Araki
Rene Burri, Chicago Illinois USA, 1971 Courtesy of Galerie Esther Woerdehoff ©Rene Burri
Rene Burri, Chicago Illinois USA, 1971 Courtesy of Galerie Esther Woerdehoff ©Rene Burri
Shomei Tomatsu, Hateruma Island, 1971 Courtesy of MISA SHIN GALLERY ©SHOMEI TOMATSU-INTERFACE
Shomei Tomatsu, Hateruma Island, 1971 Courtesy of MISA SHIN GALLERY ©SHOMEI TOMATSU-INTERFACE
Ed Ruscha “On the Road”展 ガゴシアン・ギャラリーに於ける展示風景。今回増上寺にて再現します。『Tokyo Photo 2012』会場風景 Courtesy of Gagosian Gallery ©Ed Ruscha
Ed Ruscha “On the Road”展 ガゴシアン・ギャラリーに於ける展示風景。今回増上寺にて再現します。『Tokyo Photo 2012』会場風景 Courtesy of Gagosian Gallery ©Ed Ruscha
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図