ニュース

女性器に出来た人面瘡と処女の共同生活を描く映画『受難』、主演は岩佐真悠子

姫野カオルコの同名小説が原作の映画『受難』が、12月7日から公開される。

『受難』は、性への悩みを抱える清らかな女性・フランチェス子と、彼女の女性器に突然現れた人面瘡の共同生活を描いた作品。フランチェス子を罵倒する人面瘡の「古賀さん」とフランチェス子が織り成す奇想天外な物語が、過激かつコミカルな性描写を交えながら描かれる。

セックスシーンやフルヌード、全裸で疾走するシーンなど、フランチェス子役に体当たりで挑んだのは、映画『009ノ1』でセクシーなサイボーグ役を披露したことも記憶に新しい岩佐真悠子。共演者には、淵上泰史、伊藤久美子、古舘寛治が名を連ねている。監督は『惑星のかけら』の吉田良子、音楽を大友良英が手掛けている。

吉田監督は、同作について「一度ぐぅと心を掴まれてしまうと決して忘れる事の出来ない小説、『受難』。読み始めると一体なんだこれは!とページをめくる手が止まらず、笑い、考え、笑い、考え、そして最後には突然の涙。とんでもない(最高の)物語なのです」とコメント。岩佐は「未だ嘗てこんなにも自分との共通点を見つけられない役はありませんでした。主人公とはほぼ真逆の生き方をしてきた私。脚本を読んで色んな意味で衝撃を受けました!」「撮影は本当に手探りで毎日がパニックでした」とフランチェス子役の苦労を語っている。

作品情報

『受難』

2013年12月7日(土)公開
監督・脚本:吉田良子
原作:姫野カオルコ『受難』(文春文庫刊)
音楽:大友良英
出演:
岩佐真悠子
淵上泰史
伊藤久美子
古舘寛治
配給:ファントム・フィルム

(画像:©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会)

『受難』©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら