ニュース

女性監督のホラー短編25本で恐怖に浸る『東京スクリーム・クイーン映画祭』

女性監督によるホラー短編映画を上映する『東京スクリーム・クイーン映画祭』が、10月26日と27日に東京・渋谷のUPLINK FACTORYで開催される。

今回が初開催となる同イベントは、2007年からアメリカ・ロサンゼルスで開催されている『L.A Viscera Film Festival』の姉妹イベント。7か国の女性監督たちによるスプラッターからアニメーションまで全25本のホラーやダークファンタジー作品が、3つのプログラムに分けて上映される。

上映作品の題材は、殺人鬼や悪魔、ハロウィン、都市伝説、殺人ウサギ、騒音をたてるアパートの隣人、女吸血鬼、恐怖のビデオ、謎の老婆、ゾンビ、臨床心理学研究実験の大量死などバラエティー豊かな内容となっている。日本からの参加監督には、『クソすばらしいこの世界』の朝倉加葉子、N'夙川BOYS参加のアニメーション作品『メロディ・オブ・ファンハウス』の秦俊子、オムニバス短編企画『桃まつり』への参加でも知られる加藤麻矢が名を連ねている。

また、各プログラムごとにゲストを招いてトークが繰り広げる。登壇ゲストはイサベル・ペパード監督、秦俊子監督、加藤麻矢監督、大畑創監督、朝倉加葉子監督、『クソすばらしいこの世界』主演の大畠奈菜子。さらに会場ではホラーにちなんだオリジナルカクテルが用意されるほか、クロージングイベントでは特殊ホラーメイクを体験することが可能だ。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『東京スクリーム・クイーン映画祭』

2013年10月26日(土)、10月27日(日)
会場:東京都 渋谷 UPLINK FACTORY
上映作品:
[プログラムA]
『ドール』(監督・脚本:カレン・ラム)
『キラーズ』(監督:レベッカ・マケンドリー)
『ベイビー・フェイス』(監督:ケイト・シェントン)
『さまよう心臓』(監督:秦俊子)
『エターナル・スプリング』(監督・脚本:ケイト・ラミー&アリソン・ローム)
『ハロウィン・キッド』(監督・脚本:アクセル・キャロリン)
『ドア』(監督・脚本:マリシェル・デイウォルト)
『暗闇』(監督・脚本:ヘレン・トゥロン)
『バタフライ』(監督・脚本:イサベル・ペパード)
[プログラムB]
『フランケン・ブライド』(監督・脚本:ダグ・マレット)
『ジャンプ!』(監督:ルイーザ・フィールデン)
『ハリウッド・スキン』(監督・脚本:モード・ミショー)
『殺人バニー』(監督:モリ―・マドフィス)
『共食い』(監督:ジジ・ロメロ)
『ママとモンスターたち』(監督:ケイト・ツァン)
『集会』(監督・脚本:カレン・ラム)
『貧血』(監督・脚本・特殊効果:加藤麻矢)
[プログラムC]
『オレンジ郡キラーズ』(監督・脚本:ケイティ・ダウナー)
『マイ・ゾンビ・フレンド』(監督・脚本:ステファン・W・マーティン)
『ハロウィン・ナイト』(監督:ジェン・ウェックスラー)
『殺人子守歌』(監督・脚本:ローラ・ホワイト)
『香港ドリーム』(監督:ラム・サック・チン)
『シェルター』(監督・脚本:イブ・イデルソン)
『記念日のディナー』(監督・脚本・主演:ジェシ・ゴータ)
『HIDE and SEEK』(監督・脚本:朝倉加葉子)

(画像上から:『東京スクリーム・クイーン映画祭』メインビジュアル、『マイ・ゾンビ・フレンド』、『殺人バニー』、『さまよう心臓』、『キラーズ』)

『東京スクリーム・クイーン映画祭』メインビジュアル
『東京スクリーム・クイーン映画祭』メインビジュアル
『マイ・ゾンビ・フレンド』(監督・脚本:ステファン・W・マーティン)
『マイ・ゾンビ・フレンド』(監督・脚本:ステファン・W・マーティン)
『殺人バニー』(監督:モリ―・マドフィス)
『殺人バニー』(監督:モリ―・マドフィス)
『さまよう心臓』(監督:秦俊子)
『さまよう心臓』(監督:秦俊子)
『キラーズ』(監督:レベッカ・マケンドリー)
『キラーズ』(監督:レベッカ・マケンドリー)
画像を拡大する(26枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」