ニュース

世界各地から集う国際映画祭『東京フィルメックス』、今年のラインナップは26作品

国際映画祭『第14回 東京フィルメックス』が、11月23日から12月1日まで東京・有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇ほかで開催される。

2000年に初開催され、今年で14回目を迎える同映画祭。アジアの新進作家による作品を中心とした10作品を上映する『東京フィルメックス・コンペティション』では、シンガポールの少年とフィリピン人メイドの交流を描いた『ILO ILO(英題)』、ホステスの日常生活をフィクションとドキュメンタリーを交えながら描いたタイ映画『カラオケ・ガール』、東日本大震災を生き延びた一頭の馬がたどる数奇な運命を追ったドキュメンタリー『祭の馬』のほか、イスラエル、グルジア、カザフスタン、フィリピン、台湾、中国から作品が集う。

特別招待作品は、オープニングを飾るジャ・ジャンクー監督の『A Touch of Sin(英題)』をはじめ、クロージング作品となるリティ・パニュ監督の『THE MISSING PICTURE(英題)』、イラン政府から映画製作を禁じられているジャファル・パナヒ監督が『これは映画ではない』に続いて発表した『閉ざされたカーテン』、ツァイ・ミンリャン監督の新作長編映画『ピクニック』など10作品。

また、特集上映では今年の『ヴェネチア国際映画祭』クラシック部門で上映されて話題を呼んだ『夜の片鱗』などでも知られる中村登を取り上げるほか、ヌーベルバーグの映画監督たちからも支持を受けるジャン・グレミヨン監督にフォーカスした特集上映も開催される。上映スケジュールなどはオフィシャルサイトで後日発表される。チケット一般発売は11月3日からスタート。

イベント情報

『第14回 東京フィルメックス』

2013年11月23日(土)~12月1日(日)
会場:東京都 有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇ほか

東京フィルメックス・コンペティション上映作品:
『若さ』(監督:トム・ショヴァル)
『花咲くころ』(監督:監督:ナナ・エクチミシヴィリ、ジーモン・グロス)
『ハーモニー・レッスン』(監督:エミール・バイガジン)
『カラオケ・ガール』(監督:ウィッサラー・ウィチットワータカーン)
『ILO ILO(英題)』(監督:アンソニー・チェン)
『トランジット』(監督:ハンナ・エスピア)
『夏休みの宿題』(監督:チャン・ツォーチ)
『見知らぬあなた』(監督:チュエン・リン)
『祭の馬』(監督:松林要樹)
『トーキョービッチ,アイラブユー』(監督:吉田光希)
特別招待作品:
『A Touch of Sin(英題)』(監督:ジャ・ジャンクー)
『THE MISSING PICTURE(英題)』(監督:リティ・パニュ)
『微笑み絶やさず』(監督:モフセン・マフマルバフ)
『可視から不可視へ』(監督:マノエル・ド・オリヴェイラ)
『イェレバン』(監督:アトム・エゴヤン)
『わたしの名前は…』(監督:アニエス・トゥルブレ)
『鉄くず拾いの物語』(監督:ダニス・タノヴィッチ)
『アナ・アラビア』(監督:アモス・ギタイ)
『閉ざされたカーテン』(監督:ジャファル・パナヒ、カンボジヤ・パルトヴィ)
『ピクニック』(監督:ツァイ・ミンリャン)
特集上映「生誕100年 中村登」上映作品:
『我が家は楽し』
『土砂降り』
『夜の片鱗』
※中村登特集の3作品は英語字幕付きニュープリントで上映
特集上映「ジャン・グレミヨン」上映作品:
『愛慾』
『不思議なヴィクトル氏』
『高原の情熱』

(画像上から:『第14回 東京フィルメックス』メインビジュアル、『カラオケ・ガール』(監督:ウィッサラー・ウィチットワータカーン)、『祭の馬』(監督:松林要樹)、『閉ざされたカーテン』(監督:ジャファル・パナヒ、カンボジヤ・パルトヴィ)、『夜の片鱗』(監督:中村登) ©1964 松竹)

『第14回 東京フィルメックス』メインビジュアル
『第14回 東京フィルメックス』メインビジュアル
『カラオケ・ガール』(監督:ウィッサラー・ウィチットワータカーン)
『カラオケ・ガール』(監督:ウィッサラー・ウィチットワータカーン)
『祭の馬』(監督:松林要樹)
『祭の馬』(監督:松林要樹)
『閉ざされたカーテン』(監督:ジャファル・パナヒ、カンボジヤ・パルトヴィ)
『閉ざされたカーテン』(監督:ジャファル・パナヒ、カンボジヤ・パルトヴィ)
『夜の片鱗』(監督:中村登) ©1964 松竹
『夜の片鱗』(監督:中村登) ©1964 松竹
画像を拡大する(25枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進