ニュース

黒沢清監督映画『Seventh Code』から縛られ捨てられる前田敦子のビジュアル公開

前田敦子主演、黒沢清監督・脚本の映画『Seventh Code』が、11月8日からイタリア・ローマで開催される『第8回ローマ国際映画祭』のコンペティション部門に選出された。

前田の主演を前提に黒沢監督がオリジナルストーリーを書き下ろした同作は、物語の舞台となるロシアのウラジオストクで今年6月から撮影。前田は東京で知り合い食事をした男・松永のことが忘れられない女性・高山秋子を演じるほか、松永役を鈴木亮平、秋子が働くウラジオストクの食堂の経営者・斉藤役を山本浩司が演じる。なお、ボロボロにされて郊外の荒地に捨てられてしまうという、前田の悲惨なシーンを捉えた場面写真もあわせて公開された。

黒沢監督は前田について「前田敦子は、周囲の何ものにも頼らず、たったひとりでその場所に堂々と存在することのできる、日本ではめずらしいタイプの俳優です。彼女の非凡な個性は、日本ではない異国の土地でよりいっそう鮮烈に輝くに違いない、そう予想して私は最新作の撮影にのぞみました」とコメントを寄せている。

一方の前田は「憧れの黒沢監督とご一緒出来て、本当に嬉しかったです。6月にロシアのウラジオストクで撮影してきたのですが、真冬のような寒さの中での撮影でした。撮影中は、監督の素敵な人柄にふれることが出来て、そして周りのスタッフさんたちにも支えていただきました。本当に感謝しています」とコメント。なお、同作の日本公開時期は現時点では未定となっている。

作品情報

『Seventh Code』

監督・脚本:黒沢清
出演:
前田敦子
鈴木亮平
アイシー
山本浩司

(画像1~4枚目:©2013 AKS、画像5枚目:黒沢清監督 ©2013 AKS)

『Seventh Code』©2013 AKS
『Seventh Code』©2013 AKS
『Seventh Code』©2013 AKS
『Seventh Code』©2013 AKS
『Seventh Code』©2013 AKS
『Seventh Code』©2013 AKS
『Seventh Code』©2013 AKS
『Seventh Code』©2013 AKS
黒沢清監督 ©2013 AKS
黒沢清監督 ©2013 AKS
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら