ニュース

地点による初のブレヒト劇『ファッツァー』、空間現代による生演奏回も予定

地点によるブレヒト劇『ファッツァー』が、10月26日から京都・北白川のアンダースローで上演される。

演出家の三浦基が代表を務める地点は、多様なテキストや言葉、身体、光、時間など様々な要素が関係する重層的な演劇表現を特徴とする劇団。2005年に東京から京都に移転し、2011年にチェーホフの2本立て作品をモスクワで上演したほか、2012年にはロンドンのグローブ座からの招聘のもと、シェイクスピア作品を上演するなど、海外公演も積極的に行っている。

今回上演される『ファッツァー』は、音楽劇『三文オペラ』などで知られるベルトルト・ブレヒトによる未完の戯曲。日本では翻訳が出版されていない同作を地点での上演を前提に翻訳することで、ブレヒトの新たな魅力を引き出す試みとして企画されたという。

また、音楽にオルタナティブロックバンド・空間現代を迎えることで、音楽劇の要素も含む舞台に仕上がるとのこと。一部の回では空間現代が出演する生演奏も予定されている。なお、会場となるアンダースローは、地点が京都の新たな文化拠点としてライブハウスCBGBの跡地に7月にオープンさせたアトリエ。チケットの予約方法は地点のオフィシャルサイトを参照しよう。

イベント情報

地点
『ファッツァー』

2013年10月26日(土)~11月24日(日)全22公演
会場:京都府 北白川 アンダースロー
原作:ベルトルト・ブレヒト
翻訳:津崎正行
演出:三浦基
音楽:空間現代
出演:
安部聡子
石田大
小河原康二
窪田史恵
河野早紀
小林洋平
料金:2,000円

(画像上:地点『ファッツァー』イメージビジュアル、画像中:会場のアンダースロー ©Hisaki MATSUMOTO、画像下:『CHITENの近未来語』より ©Hisaki MATSUMOTO)

地点『ファッツァー』イメージビジュアル
地点『ファッツァー』イメージビジュアル
会場のアンダースロー ©Hisaki MATSUMOTO
会場のアンダースロー ©Hisaki MATSUMOTO
『CHITENの近未来語』より ©Hisaki MATSUMOTO
『CHITENの近未来語』より ©Hisaki MATSUMOTO
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い