ニュース

ダリ、ギーガー、M・ジャガー、メビウスら参加、ホドロフスキー未完大作を追った映画

アレハンドロ・ホドロフスキーによる未完のSF大作を追ったドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』が、2014年に公開される。

『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』『サンタ・サングレ/聖なる血』などのカルト的な作品で知られ、2014年には約23年ぶりの新作映画『リアリティのダンス』が日本公開されるホドロフスキー監督。同監督がメガホンを取る予定だった『DUNE』は、フランク・ハーバートのSF小説をもとに、バンド・デシネ作家メビウスやSF画家のクリス・フォス、H・R・ギーガー、『エイリアン』の脚本で知られるダン・オバノンを制作陣に迎え、音楽にPink Floyd、キャストにはサルバドール・ダリ、ミック・ジャガーらを配する計画だったが、撮影を前に頓挫。ホドロフスキーが降板となり、制作は中止となった。なお、1984年には同じ原作小説をもとにしたデヴィッド・リンチ監督作品『デューン/砂の惑星』が公開されている。

フランク・パヴィッチ監督によるドキュメンタリー作品『ホドロフスキーのDUNE』では、ホドロフスキー本人をはじめとする『DUNE』制作陣をはじめ、ホドロフスキーの大ファンだという『ドライブ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督へのインタビューや、デザイン画、絵コンテなどの資料を紹介しながら、驚きに満ちた『DUNE』のエピソードを紐解いていく。

作品情報

『ホドロフスキーのDUNE』

2014年公開
監督:フランク・パヴィッチ
出演:
アレハンドロ・ホドロフスキー
ミシェル・セイドゥ
H.R.ギーガー
クリス・フォス
ニコラス・ウィンディング・レフン
配給:アップリンク/パルコ

(画像上:『ホドロフスキーのDUNE』より、画像下:ホドロフスキー監督『DUNE』イメージビジュアル)

『ホドロフスキーのDUNE』より
『ホドロフスキーのDUNE』より
ホドロフスキー監督『DUNE』イメージビジュアル
ホドロフスキー監督『DUNE』イメージビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送